猫の足あとによる青梅市の寺院、神社など青梅市の寺社案内 猫の足あとによる青梅市の寺院、神社など青梅市の寺社案内
猫の足あと

龍光山梅岩寺|青梅市仲町にある真言宗豊山派寺院

梅岩寺の概要

真言宗豊山派寺院の梅岩寺は、龍光山と号します。梅岩寺は、寛朝が長徳年間(995-998)に開山、永禄年間(1558-1569)金剛寺八世・良淀が中興、慶安2年(1649)には江戸幕府より寺領5石の御朱印状を拝領したといいます。多摩八十八ヶ所霊場46番、奥多摩新四国霊場八十八ヶ所70番です。

梅岩寺
梅岩寺の概要
山号 龍光山
院号 -
寺号 梅岩寺
住所 青梅市仲町235
宗派 真言宗豊山派
葬儀・墓地 -
備考 -



梅岩寺の縁起

梅岩寺は、寛朝が長徳年間(995-998)に開山、永禄年間(1558-1569)金剛寺八世・良淀が中興、慶安2年(1649)には江戸幕府より寺領5石の御朱印状を拝領したといいます。

新編武蔵風土記稿による梅岩寺の縁起

(青梅村)梅岩寺
村の北山下にあり、龍光山と號す、臨済の禅宗、村内金剛寺の末、御朱印五石の寺領を附せらる、客殿五間半に七間、本尊虚空蔵、開山開基詳ならず。
扇松。山上にあり。(新編武蔵風土記稿より)

「青梅市史」による梅岩寺の縁起

梅岩寺(竜光山能満院)
青梅・仲町にあり、本尊は虚空蔵菩薩である。長徳年間(九九五~八)寛朝の開山。寛仁年間(一〇一七~二〇)阿部郡司源広の創立と伝え、永禄年間(一五五八~六九)金剛寺八世・良淀を中興開山としている。後、長い間無住。文化年間(一八〇四~一七)海弁が法流開基第一世として本堂庫院を整備した。間もなく安政四年(一八五七)三月十八日、上町より出火し山伝いに延焼、為に堂字すべて焼失し、現在の建物は昭和十年九月落慶のものである。慶安二年(一六四九)五石の朱印状を受けた。境内には天明五年(一七八五)の北向き地蔵はじめ千部供養塔(延享元年・一七四四)、文化十四年(一八一七)普門晶十五万巻供養七観音塔他、石造建造物が多く、境内から裏山にかけて西国三十三観音の写しもある。前庭の 「しだれ桜」は市天然記念物である。(「青梅市史」より)


梅岩寺所蔵の文化財

  • 梅岩寺のしだれ桜(青梅市指定天然記念物)

梅岩寺のしだれ桜

市内、天ヶ瀬の古刹、金剛寺のしだれ桜の姉妹樹であるといわれており、ともに、都下はもとより、関東地方でも代表的な名桜である。
四月はじめの花期に、うす紅いろの花枝を多数、垂れる樹姿は周囲の景観と調和してたいへん美しい。
シダレザクラは桜の代表種であるエドヒガン(江戸彼岸)の枝垂性で各地に名木が多い。(青梅市教育委員会掲示より)

梅岩寺の周辺図

参考資料
  • 新編武蔵風土記稿
  • 「青梅市史」