猫の足あとによる青梅市の寺院、神社など青梅市の寺社案内 猫の足あとによる青梅市の寺院、神社など青梅市の寺社案内
猫の足あと

摩尼珠山福昌寺|青梅市小曽木にある真言宗系単立寺院

福昌寺の概要

真言宗系単立寺院の福昌寺は、摩尼珠山金剛院と号します。福昌寺の創建年代等は不詳ながら、宗満上人が開基したといいます。慶安2年(1648)に徳川家光より地蔵堂領として四石五斗の御朱印状を拝領、賢清僧都(貞享4年1687年寂)が再興したといいます。奥多摩新四国霊場八十八ヶ所18番です。

福昌寺
福昌寺の概要
山号 摩尼珠山
院号 金剛院
寺号 福昌寺
住所 青梅市小曽木3-1866
宗派 真言宗系単立
葬儀・墓地 -
備考 -



福昌寺の縁起

福昌寺の創建年代等は不詳ながら、宗満上人が開基したといいます。慶安2年(1648)に徳川家光より地蔵堂領として四石五斗の御朱印状を拝領、賢清僧都(貞享4年1687年寂)が再興したといいます。

新編武蔵風土記稿による福昌寺の縁起

(南小曾木村)福昌寺
御朱印四石五斗、境内千三百坪、小名小布市にあり、新義眞言宗、同郡下成木村安楽寺の末山なり、摩尼珠山と號す、本堂八間に三間南に向、本尊大日木の坐像にて長一尺五寸なるを安ず、開山詳ならず。(新編武蔵風土記稿より)

「青梅市史」による福昌寺の縁起

福昌寺(摩尼珠山金剛院)
小曽木・荒田(現・小曽木三丁目)にあり、本尊は大日如来である。慶安二年、地蔵堂領四石五斗の朱印状が寄せられた。なお本寺の朱印状は写しでなく本書で、慶安二年から幕末までのものすべてが保存されている。開基は宗満上人と伝えるが、年代は未詳である。慶安(一六四八~五一)のころ賢清僧都によって再興された。賢清はその後、成木・財泉坊に住し、貞享四年(一六八七)示寂した。境内に地蔵堂があり、宝暦年間(一七五一~六三)の再建といい、弘法自作と伝える地蔵菩薩が安置されている。なお、昭和五十九年に山門が、平成四年に本堂・庫裡の大改修が行われた。(「青梅市史」より)


福昌寺の周辺図

参考資料
  • 新編武蔵風土記稿
  • 「青梅市史」