猫の足あとによる青梅市の寺院、神社など青梅市の寺社案内 猫の足あとによる青梅市の寺院、神社など青梅市の寺社案内
猫の足あと

慈眼山高岩寺|青梅市成木にある曹洞宗寺院

高岩寺の概要

曹洞宗寺院の高岩寺は、慈眼山と号します。高岩寺は、僧日泉が天文10年(1541)に開創、大童良積(寛文9年1669年寂)が中興開山したといいます。

高岩寺
高岩寺の概要
山号 慈眼山
院号 -
寺号 高岩寺
住所 青梅市成木4-850
宗派 曹洞宗
葬儀・墓地 -
備考 -



高岩寺の縁起

高岩寺は、僧日泉が天文10年(1541)に開創、大童良積(寛文9年1669年寂)が中興開山したといいます。

新編武蔵風土記稿による高岩寺の縁起

(上成木村)高岩寺
除地、一段一畝、小名八子谷にあり、禅宗曹洞派、高麗郡下直竹村長光寺の末山、慈眼山と號す、堂十二間に五間南に向ふ、本尊釋迦木の坐像長八寸許、この寺も長全寺と同く良積の開山なり。(新編武蔵風土記稿より)

「青梅市史」による高岩寺の縁起

高岩寺(慈眼山)
成木・八子谷(現・成木四丁目)にあり、本尊は観音菩薩である。天文十年(一五四一)僧日泉の開創と伝える。後に前記と同じく大童艮積を中興開山としている。良積は寛文九年(一六六九)七月示寂している。明治六年二月火災にかかり、現本堂はその後、再建されたものである。(「青梅市史」より)


高岩寺の周辺図

参考資料
  • 新編武蔵風土記稿
  • 「青梅市史」