猫の足あとによる青梅市の寺院、神社など青梅市の寺社案内 猫の足あとによる青梅市の寺院、神社など青梅市の寺社案内
猫の足あと

蔵宝山長全寺|青梅市成木にある曹洞宗寺院

長全寺の概要

曹洞宗寺院の長全寺は、蔵宝山と号します。長全寺の創建年代等は不詳ながら、石浄が開山したと伝えられ、長光寺十二世大童良租が寛文年間(1661-1672)中興したといいます。

長全寺
長全寺の概要
山号 蔵宝山
院号 -
寺号 長全寺
住所 青梅市成木3-304
宗派 曹洞宗
葬儀・墓地 -
備考 -



長全寺の縁起

長全寺の創建年代等は不詳ながら、石浄が開山したと伝えられ、長光寺十二世大童良租が寛文年間(1661-1672)中興したといいます。

新編武蔵風土記稿による長全寺の縁起

(上成木村)長全寺
除地、一段一畝二歩、小名大蔵野にあり、禅宗曹洞派、高麗郡下直竹村長光寺の末、蔵寶山と號す、堂七間に五間南向にて、庫裏を建つづけり、本尊釋迦木の立像長八寸、開山良蹟寛文十七年寂せり。(新編武蔵風土記稿より)

「青梅市史」による長全寺の縁起

長全寺(蔵宝山)
成木・大蔵野(現・成木三丁目)にあり、本尊は釈迦如来である。開山は石浄と伝えるが、創立の年代は不詳である。寛文年間(一六六一~七二)長光寺十二世大童良租によって中興。後、宝暦十二年(一七六二)の再建である。堂前に高さ一・八㍍の石地蔵があり、これは以前、成木・坂久にあったものを、江戸末期ここに移したもので、享保四年(一七一九)の銘があり、市内では最大の石地蔵である。(「青梅市史」より)


長全寺の周辺図

参考資料
  • 新編武蔵風土記稿
  • 「青梅市史」