猫の足あとによる青梅市の寺院、神社など青梅市の寺社案内 猫の足あとによる青梅市の寺院、神社など青梅市の寺社案内
猫の足あと

福昌山心月院|青梅市御岳にある曹洞宗寺院

心月院の概要

曹洞宗寺院の心月院は、福昌山と号します。心月院は、天江東岳が慶長初年(1600年頃)に創建したといいます。奥多摩新四国霊場八十八ヶ所22番です。

心月院
心月院の概要
山号 福昌山
院号 心月院
寺号 -
住所 青梅市御岳1-132
宗派 曹洞宗
葬儀・墓地 -
備考 -



心月院の縁起

心月院は、天江東岳が慶長初年(1600年頃)に創建したといいます。

新編武蔵風土記稿による心月院の縁起

(端村中野村)心月院
境内除地四畝廿歩、小名拂澤の山下にあり、禅宗洞門、二俣尾村海禅寺末、福昌山と號せり、開山開基の名及びその年歴を傳へず、客殿七間に四間半、本尊釋迦木の坐像長八寸作しれず。(新編武蔵風土記稿より)

「青梅市史」による心月院の縁起

心月院(福昌山)
御岳・払沢(現・御岳一丁目)にあり、本尊は釈迦如来である。慶長初年(一六〇〇ころ)天江東岳の創建と伝え、寛文検地帳には心月庵と記録する。安永九年(一七八〇)清水氏の寄進で本堂再建途上、天明元年(一七八一)五月十二日失火により焼失、天明六年に現在の堂字が再建された。(「青梅市史」より)


心月院の周辺図

参考資料
  • 新編武蔵風土記稿
  • 「青梅市史」