猫の足あとによる青梅市の寺院、神社など青梅市の寺社案内 猫の足あとによる青梅市の寺院、神社など青梅市の寺社案内
猫の足あと

梅香山大聖院|青梅市梅郷にある真言宗豊山派寺院

大聖院の概要

真言宗豊山派寺院の大聖院は、梅香山と号します。大聖院の創建年代等は不詳ながら、慶安年間(1648-1652)には江戸幕府より寺領4石の御朱印状を拝領したといいます。

大聖院
大聖院の概要
山号 梅香山
院号 大聖院
寺号 -
住所 青梅市梅郷6-1542
宗派 真言宗豊山派
葬儀・墓地 -
備考 -



大聖院の縁起

大聖院の創建年代等は不詳ながら、慶安年間(1648-1652)には江戸幕府より寺領4石の御朱印状を拝領したといいます。

新編武蔵風土記稿による大聖院の縁起

(下村)大聖院
梅香山と號す、古義眞言宗、青梅村金剛寺末、御朱印を附せられ寺領四石餘を賜へり、客殿四間に八間、本尊不動の坐像長一尺五寸なるを安置す。(新編武蔵風土記稿より)

「青梅市史」による大聖院の縁起

天沢院(梅香山)
下(現・梅郷六丁目)にあり、本尊は不動明王である。慶安追補で四石の朱印状を付せられた。現在の本堂は天保三年(一八三二)盛芳の再建。境内に地蔵堂がある。(「青梅市史」より)


大聖院の周辺図

参考資料
  • 新編武蔵風土記稿
  • 「青梅市史」