猫の足あとによる青梅市の寺院、神社など青梅市の寺社案内 猫の足あとによる青梅市の寺院、神社など青梅市の寺社案内
猫の足あと

常磐樹神社|青梅市今寺の神社

常磐樹神社の概要

常磐樹神社は、青梅市今寺にある神社です。常磐樹神社は、報恩寺境内にあった熊野権現、山王権現、稲荷大明神、天満天神と、常楽院境内にあった若宮八幡宮とを、明治2年当地に合社、植竹神社と称したといいます。明治3年、境内に樫の老木のあることによって、社名を常盤樹神社と改称、明治6年村社に列格したといいます。

常磐樹神社
常磐樹神社の概要
社号 常磐樹神社
祭神 伊弉那美命、速玉之男命、事解之男命、熊野樟日命、大鷦鷯尊、猿田彦命、宇賀之御魂命、大宮比売命、大山咋命、菅原道真公、天照皇大神、建速須佐之男命
相殿 -
境外社 -
住所 青梅市今寺1-530
祭日 4月15日
備考 -



常磐樹神社の由緒

常磐樹神社は、報恩寺境内にあった熊野権現、山王権現、稲荷大明神、天満天神と、常楽院境内にあった若宮八幡宮とを、明治2年当地に合社、植竹神社と称したといいます。明治3年、境内に樫の老木のあることによって、社名を常盤樹神社と改称、明治6年村社に列格したといいます。

新編武蔵風土記稿による常磐樹神社の由緒

(今寺村)
報恩寺
村の中程にあり、天台宗、當郡府中領深大寺の末、藤橋山と稱す、本堂八間に六間半南向、本尊彌陀立身の木像三尺餘、御朱印十石の寺領を附せられ、村の内に今も華厳院と云て三町程の地、泉蔵院跡とて二町程の地有り、皆當寺境内つづきにして、昔は共に門中なりしよし、いつの頃か廢せしことをしらず、其地所は今になを此寺の持なり、又延命寺と云もありしよし、是もいつの比か廢院となりて、今境内に其跡あるのみ。
地蔵堂。三間半四方、境内にあり、延命地蔵を安す、木像長二尺餘立身、傍に六地蔵を刻す、立身の木像にて各長八寸。
山王社。小社境内にあり、後も同じ。
神明社。稲荷社。境内にあり、共に小社。
常楽院
境内一町三畝餘、見捨地、報恩寺より西の方にあり、天台宗、村内報恩寺門徒、四王山と號す、本堂六間に四間、本尊薬師木の坐像にて長一尺餘。
八幡社。本堂の後背にあり、小社。(新編武蔵風土記稿より)

東京都神社名鑑による常磐樹神社の由緒

創立年代不詳。もと熊野権現、若宮八幡宮、山王権現、稲荷大明神、天満天神の五社で、四社は報恩寺境内に、若宮八幡は常楽院境内にあった。明治二年十月合併、現在地に移し、植竹神社と称したが、同三年現社名に改称。またこの地に神木と称して、周一丈二尺余の樫の老樹あるによって社名となした。(東京都神社名鑑より)

「青梅市史」による常磐樹神社の由緒

常磐樹神社
今寺(現・今寺一丁目)に鎮座する。祭神は伊弉那美命、速玉之男命、事解之男命、熊野樟日命、大鷦鷯尊、猿田彦命、字賀之御魂命、大宮此売命、大山咋命、菅原道真公、天照皇大神、建速須佐之男命で、例祭は四月一日である。創建年代は不明。はじめは熊野権現、若宮八幡宮、山王権現、稲荷大明神、天満天神と称し、四社は報恩寺境内にあり、あとの一社若宮八幡宮は常楽院境内にあったが、明治二年十月現在地に合社し、植竹神社と称した。同三年、境内に樫の老木のあることによって、社名を常盤樹神社と改称した。明治六年、村社に列格した。境内面積は三七七坪(一、二四四平方メートル)である。(「青梅市史」より)


常磐樹神社の周辺図

参考資料
  • 新編武蔵風土記稿
  • 東京都神社名鑑
  • 青梅市史