猫の足あとによる町田市の寺院、神社など町田市の寺社案内 猫の足あとによる町田市の寺院、神社など町田市の寺社案内
猫の足あと

小郷山本覺院|町田市常盤町にある本山修験宗寺院

本覺院の概要

本山修験宗寺院の本覺院は、小郷山と号し、中村不動尊として知られています。本覺院の創建年代等は不詳ながら、新編武蔵風土記講に記載され、江戸時代後期には建立していたことがわかります。村民有志により明治20年に本堂を建立、開山したといいます。

本覺院
本覺院の概要
山号 小郷山
院号 本覺院
寺号 -
住所 町田市常盤町
宗派 本山修験宗
葬儀・墓地 -
備考 -



本覺院の縁起

本覺院の創建年代等は不詳ながら、新編武蔵風土記講に記載され、江戸時代後期には建立していたことがわかります。村民有志により明治20年に本堂を建立、開山したといいます。

新編武蔵風土記稿による本覺院の縁起

(小山村)本覺寺
除地、一段十歩、小名中村にあり、小郷山と號す、當寺も本山修験木曾村覺圓坊の觸下にて、もと正明院の弟子をわかちてひらきしなりといふ。(新編武蔵風土記稿より)

「町田市史」による本覺院の縁起

本覚院(小山町)
所在地 町田市小山町字中村。
宗派 本山修験。
山寺号 小郷山本覚院。前記、正明院の分家で、同じく木曾覚円坊触下。
明治二〇年開山。
本堂 間口二間、奥行二間。寄棟御堂造り、木造亜鉛葺、明治二〇年村有志によって建てられた。二三段の石階上にある。
本尊 不動、長三尺、像背に「元禄十三年、相模国愛甲郡半原清竜寺」と刻す。せいたか、こんがら両童子、長一尺の脇仏を配す。堂前に辛夷花の大樹あり。縁日四月二八日。(「町田市史」より)


本覺院の周辺図

参考資料
  • 新編武蔵風土記稿
  • 「町田市史」