猫の足あとによる小金井市・国分寺市の寺院、神社など小金井市・国分寺市の寺社案内 猫の足あとによる小金井市・国分寺市の寺院、神社など小金井市・国分寺市の寺社案内
猫の足あと

弁天八幡神社|国分寺市西町の神社

弁天八幡神社の概要

弁天八幡神社は、国分寺市西町にある神社です。弁天八幡神社は、榎戸新田弁天組が開発された享保13(1728)年に創建したといいます。

弁天八幡神社
弁天八幡神社の概要
社号 八幡神社
祭神 誉田別尊
相殿 -
境内社 稲荷社
住所 国分寺市西町2-30-1
祭日 -
備考 -



弁天八幡神社の由緒

弁天八幡神社は、榎戸新田弁天組が開発された享保13(1728)年に創建したといいます。

新編武蔵風土記稿による弁天八幡神社の由緒

(榎木戸新田)
記載なし(新編武蔵風土記稿より)

北多摩神社誌による弁天八幡神社の由緒

記載なし(北多摩神社誌より)

「国分寺市有形文化財調査報告書(神社・寺院)」による弁天八幡神社の由緒

八幡神社は国分寺崖線下、立川市寄りの市域西部に位置します。境内は弁天八幡宮前交差点の北西を占め、交差点前に構える鳥居奥に、拝殿、本殿覆殿の建物を東面して配します。
八幡神社は「弁天八幡宮」とも呼ばれます。由緒は明らかではありませんが、かつて榎戸新田弁天組と呼ばれた当地の産土神として、享保10 (1725)年の開発から余り時期を置かず、享保13 (1728)年に当社を勧請し、元文元(1736)年に検地帳へ書き入れがあり、境内の稲荷杜はもともと横田家のものを遷したものとされます(『国分寺市の民俗三』)。(「国分寺市有形文化財調査報告書(神社・寺院)」より)


弁天八幡神社の周辺図

参考資料
  • 新編武蔵風土記稿
  • 北多摩神社誌(北多摩神道青年会むらさき会)
  • 「国分寺市有形文化財調査報告書(神社・寺院)」