猫の足あとによる稲城市・多摩市の寺院、神社など稲城市・多摩市の寺社案内 猫の足あとによる稲城市・多摩市の寺院、神社など稲城市・多摩市の寺社案内
猫の足あと

真明寺|多摩市一ノ宮にある真言宗智山派寺院

真明寺の概要

真言宗智山派寺院の真明寺は、冠木山蓮華院と号します。真明寺の創建年代は不詳ですが、慶安年間(1648-1652)に寺領5石の御朱印状を拝領したといいます。

真明寺
真明寺の概要
山号 冠木山
院号 蓮華院
寺号 真明寺
本尊 十一面観世音菩薩像
宗派 真言宗智山派
住所 多摩市一ノ宮1-38-1
葬儀・墓地 -
備考 -



真明寺の縁起

真明寺の創建年代は不詳ですが、慶安年間(1648-1652)に寺領5石の御朱印状を拝領したといいます。

新編武蔵風土記稿による真明寺の縁起

(一之宮村)真明寺
冠木山蓮華院と号す、新義真言宗、高幡村金剛寺の末なり、慶安年中御朱印を賜はり、村内にて五石の地を御寄附ありと云り、客殿七間に六間、本尊十一面観音の立身、長三尺五寸ばかりなるを安置す。
十王堂。客殿の前にあり、二間に四間。(新編武蔵風土記稿より)

「多摩市史」による真明寺の縁起

【真明寺】山号は冠木山、院号は蓮華院。一ノ宮村にあり、朱印地は五石。本尊は十一面観音で、境内には十王堂がある。明治十三年(一八八〇)の「寺禄明細帳」に檀家三四戸。(「多摩市史」より)


真明寺の周辺図


大きな地図で見る
参考資料
  • 新編武蔵風土記稿
  • 「多摩市史」