猫の足あとによる稲城市・多摩市の寺院、神社など稲城市・多摩市の寺社案内 猫の足あとによる稲城市・多摩市の寺院、神社など稲城市・多摩市の寺社案内
猫の足あと

宝泉院|多摩市東寺方にある真言宗智山派寺院

宝泉院の概要

真言宗智山派寺院の宝泉院は、慈眼山と号します。宝泉院の創建年代等は不詳ながら、新編武蔵風土記稿に「境内年貢地、小名原關戸にあり、新義真言宗高幡村金剛寺末、慈眼山と号す、起立の年代を傳へず、客殿六間に四間半あり、本尊釈迦木の坐像なり、長五寸ばかり」とあります。

宝泉院
宝泉院の概要
山号 慈眼山
院号 宝泉院
寺号 -
宗派 真言宗智山派
住所 多摩市東寺方495
葬儀・墓地 -
備考 -



宝泉院の縁起

宝泉院の創建年代等は不詳ながら、新編武蔵風土記稿に「境内年貢地、小名原關戸にあり、新義真言宗高幡村金剛寺末、慈眼山と号す、起立の年代を傳へず、客殿六間に四間半あり、本尊釈迦木の坐像なり、長五寸ばかり」とあります。

新編武蔵風土記稿による宝泉院の縁起

(關戸村)寶泉院
境内年貢地、小名原關戸にあり、新義真言宗高幡村金剛寺末、慈眼山と号す、起立の年代を傳へず、客殿六間に四間半あり、本尊釈迦木の坐像なり、長五寸ばかり。(新編武蔵風土記稿より)

「多摩市史」による宝泉院の縁起

【宝泉院】山号を慈限山と称し、本尊は釈迦如来。所在は寺方村だが、『風土記稿』 には関戸村小名原関戸とある。文久三年(一八六三)に、一ノ宮村の万平が地蔵尊一体を境内に建立寄進している。(「多摩市史」より)


宝泉院の周辺図

参考資料
  • 新編武蔵風土記稿
  • 「多摩市史」