猫の足あとによる日野市の寺院、神社など日野市の寺社案内 猫の足あとによる日野市の寺院、神社など日野市の寺社案内
猫の足あと

東光寺神明社|日野市栄町の神社

東光寺神明社の概要

東光寺神明社は、日野市栄町にある神社です。東光寺神明社の創建年代は不詳ですが、日奉宗頼の一族が当地に勧請したとも、和田義盛の残党(建保元年1214年に敗北)が創建したとも伝えられるといいます。

東光寺神明社
東光寺神明社の概要
社号 神明社
祭神 天照皇大神
相殿 -
境内社 -
住所 日野市栄町5-19-13
祭日 -
備考 -



東光寺神明社の由緒

東光寺神明社の創建年代は不詳ですが、日奉宗頼の一族が当地に勧請したとも、和田義盛の残党(建保元年1214年に敗北)が創建したとも伝えられるといいます。

新編武蔵風土記稿による東光寺神明社の由緒

(日野本郷)
該当なし(新編武蔵風土記稿より)

東京都神社名鑑による東光寺神明社の由緒

創立年代は不詳であるが、武蔵七党の中の西党の祖日奉宗頼の一族がこの地に住み、伊勢神宮を勧請したとも、和田義盛の残党(建保元年〜一二一三年に敗北)がこの地に住み、社を建てたともいわれている。神明社の裏山に日奉城(砦)を構え、付近には古墳(七ツ塚)群があり、刀剣十振や埴輪等を出土し、ここには金刀比羅宮が祀ってある。大正七年本殿を改築する。(東京都神社名鑑より)

日野市史による東光寺神明社の由緒

創建年代不詳。武蔵七党の西党の支流立川氏がこの地に土着し、伊勢神宮を勧請したとも、和田義盛が執権北条義時に敗れ、その子孫がこの地に住み、伊勢神宮を勧請して社を建てたとも言われている。江戸時代には別当万照山成就院、明治二年(一八六九)以後は八坂神社の神職がこれに替わる。大正七年(一九一八)十二月本殿を改築。昭和十四年本殿・拝殿・手洗舎等焼失、翌十五年九月十五日本殿並びに拝殿を再建竣工する。
また昭和四十九年社殿を改修、その記念碑がある。(日野市史より)


東光寺神明社の周辺図

参考資料
  • 新編武蔵風土記稿
  • 東京都神社名鑑
  • 日野市史