猫の足あとによる八王子市の寺院、神社など八王子市の寺社案内 猫の足あとによる八王子市の寺院、神社など八王子市の寺社案内
猫の足あと

八幡山最照寺|八王子市大塚にある真言宗智山派寺院

最照寺の概要

真言宗智山派寺院の最照寺は、八幡山無量寿院と号します。最照寺は、大塚八幡神社の別当寺として、寛永7年(1630)井上主馬が願主となり、法印永秀が開山したといいます。多摩八十八ヶ所霊場19番です。

最照寺
最照寺の概要
山号 八幡山
院号 無量寿院
寺号 最照寺
住所 八王子市大塚521
宗派 真言宗智山派
葬儀・墓地 -
備考 -



最照寺の縁起

最照寺は、大塚八幡神社の別当寺として、寛永7年(1630)井上主馬が願主となり、法印永秀が開山したといいます。

新編武蔵風土記稿による最照寺の縁起

(大塚村八幡社)別當最照寺
八幡山無量壽院と號す、御朱印社領の内にあり、相傳ふ寛永七年十月井上主馬と云もの願主として、もとの別當正浄院のあとへ當寺を起し、法印永秀を開山とす、これより眞言宗となり、高幡金剛寺の末に屬せり、本尊不動の坐像長一尺二寸、客殿九間半に五間、すべて南向なり。
観音堂。本堂の南にあり、二間半四方、正観音の坐像、長一尺四寸ばかり。(新編武蔵風土記稿より)

「八王子市史」による最照寺の縁起

最照寺(大塚村―大塚五二一)
この寺は天正二年(一五七四)ごろまでは本山修験正浄院と号し、同村八幡社(大塚八幡神社)の別当寺であったが、その後現寺名を称した。八幡山無量寿院と号し、寛永七年(一六三〇)一〇月中興した。中興開山は永秀(寂年末詳)、中興開基は井上主馬である。(「八王子市史」より)


最照寺の周辺図

参考資料
  • 新編武蔵風土記稿
  • 「八王子市史」