猫の足あとによる八王子市の寺院、神社など八王子市の寺社案内 猫の足あとによる八王子市の寺院、神社など八王子市の寺社案内
猫の足あと

安榮山福傳寺|八王子市明神町にある真言宗智山派寺院

福傳寺の概要

真言宗智山派寺院の福傳寺は、安榮山明王院と号します。福傳寺の創建年代等は不詳ながら、過去帳に「天文22年(1553)願主権大僧都清榮」との記載があったといい、清榮が開山したのではないかといいます。明治13年近隣にあった清水寺を合併、清水寺境内だった当地へ移転したといいます。多摩八十八ヶ所霊場77番、武相卯歳観音霊場四十八ヶ所15番です。

福傳寺
福傳寺の概要
山号 安榮山
院号 明王院
寺号 福傳寺
住所 八王子市明神町4-10-6
宗派 真言宗智山派
葬儀・墓地 -
備考 -



福傳寺の縁起

福傳寺の創建年代等は不詳ながら、過去帳に「天文22年(1553)願主権大僧都清榮」との記載があったといい、清榮が開山したのではないかといいます。明治13年近隣にあった清水寺を合併、清水寺境内だった当地へ移転したといいます。

新編武蔵風土記稿による福傳寺の縁起

(子安村子安明神社)別當福傳寺
子安社より南の方四五町を隔てあり、ここの地も御朱印六石の内なり、新義真言宗、宇津木村龍光寺の末、安榮山明王院と號す、當寺に傳ふる古き過去帳に、天文廿二年願主権大僧都清榮とあり、もとより開山の名を傳へざれば、もしくはこの清榮など開山ならんか、本堂六間に四間半、本尊不動木の坐像、長二尺餘なるを安置せり。
観音堂。門前にあり、三間四方、本尊十一面観音は聖徳太子の作なり、ここにも元禄十四年建立大檀那石原次春と書したる棟札あり、これをもて見れば、この時はじめて造營なるべし。
(子安村)清水寺
除地、三段八畝十五歩、子安明神の西にあり、新義真言宗、宇津木村龍光寺の末、大木山と號す、開山開基詳ならず、本堂四間半に三間半、本尊勢至坐像、長二尺二寸許なるを安ず。 (新編武蔵風土記稿より)

「八王子市史」による福傳寺の縁起

福伝寺(子安村―明神町三)
 安栄山明王院と号し、本尊不動明王、開山の時期は不明であるが、天文年間(一五三二~一五五四)以前の創建で、開山はおそらく賢栄(天文四年 一五三五 一〇月二八日寂)であろうと思われる。本堂は明治初年倒損し、観音堂(元禄一四年 一七〇一 創建)を使用していたが、明治一三年明神町三番地の清水寺を合併し、その地に移転した。旧寺地は今の子安町一一五番地である。
清水寺(子安村)
 大木山と号し、本尊勢至菩薩、開山は清承法印(慶長元年 一五九六 八月一八日寂)である。今の明神町三番地にあったが、明治一三年福伝寺に合併されて福伝寺と改称した。(「八王子市史」より)


福傳寺の周辺図

参考資料
  • 新編武蔵風土記稿
  • 「八王子市史」