猫の足あとによる八王子市の寺院、神社など八王子市の寺社案内 猫の足あとによる八王子市の寺院、神社など八王子市の寺社案内
猫の足あと

常龍山斟珠寺|八王子市片倉町にある臨済宗南禅寺派寺院

斟珠寺の概要

臨済宗南禅寺派寺院の斟珠寺は、常龍山と号します。斟珠寺は、春林西堂(永禄12年1569年寂)が開山となり斟珠庵と称して創建、慶安年間(1648-1651)には江戸幕府より寺領5石の御朱印状を拝領したといいます。

斟珠寺
斟珠寺の概要
山号 常龍山
院号 -
寺号 斟珠寺
住所 八王子市片倉町86
宗派 臨済宗南禅寺派
葬儀・墓地 -
備考 -



斟珠寺の縁起

斟珠寺は、春林西堂(永禄12年1569年寂)が開山となり斟珠庵と称して創建、慶安年間(1648-1651)には江戸幕府より寺領5石の御朱印状を拝領したといいます。

新編武蔵風土記稿による斟珠寺の縁起

(片倉村)斟珠菴
小名時田にあり、禅宗臨済派、同郡山田村廣園寺末、常龍山と號す、開山は春林西堂、永禄十二年六月六日寂示寂す、本尊弥勒、本堂八間に五間半、南向なり、慶安年中御朱印五石の地を御寄附あり、菴室にして御朱印を賜ひしは、其例多からざれば、謂れあるべけれどもつたへず。
辨天社。境内の鎮守なり、寺の西の方池の中嶋にあり、九尺に二相阿、池の周廻三十間許もあるべし。(新編武蔵風土記稿より)

「八王子市史」による斟珠寺の縁起

斟珠寺(片倉村―片倉町八六)
山号常龍山、本尊弥勒菩薩、開山は春林西堂で、永禄一二年(一五六九)六月六日の示寂である。慶安年中(一六四八~一六五一)五石の朱印を受けた。当寺では今は地蔵菩薩をもって本尊と称し、大江広房内室の信仰に基づくともいうが、その理由は不明である。(八王子市史より)


斟珠寺の周辺図

参考資料
  • 新編武蔵風土記稿
  • 「八王子市史」