猫の足あとによる八王子市の寺院、神社など八王子市の寺社案内 猫の足あとによる八王子市の寺院、神社など八王子市の寺社案内
猫の足あと

龍澤山保井寺|八王子市堀之内にある曹洞宗寺院

保井寺の概要

曹洞宗寺院の保井寺は、龍澤山と号します。保井寺は、北條氏の家人井上某法謚麒山麟永居士が開基檀越となり、柚木永林寺四世照鑑(1595年寂)が開山、慶安年間(1648-1651)には寺領4石5斗の御朱印状を拝領したといいます。武相卯歳観音霊場12番です。

保井寺
保井寺の概要
山号 龍澤山
院号 -
寺号 保井寺
住所 八王子市堀之内547
宗派 曹洞宗
葬儀・墓地 -
備考 -



保井寺の縁起

保井寺は、北條氏の家人井上某法謚麒山麟永居士が開基檀越となり、柚木永林寺四世照鑑(1595年寂)が開山、慶安年間(1648-1651)には寺領4石5斗の御朱印状を拝領したといいます。

新編武蔵風土記稿による保井寺の縁起

(堀ノ内村)保井寺
小名寺澤にあり、龍澤山と號す、慶安年中寺領四石五斗の御朱印を賜はる、境内もその寺領の内なれば、定れる坪数なし、曹洞派の禅宗にて、柚木永林寺の末寺なり、開山は本山第四世照鑑源氏なり、開基檀越は井上某法謚麒山麟永居士と號するものなり、これは北條氏の家人ならんと云のみにて、その餘傳ふる所なし、始五代ほどの間は、寺格もひくくして、平僧地と號するものなりしと云、客殿九間に六間、本尊虚空蔵木の立像長二尺餘。
白山社。本堂の前にあり、境内の鎮守なり、小社にて石を以て造れり。
金毘羅社。背後の山上にあり、これも小社なり。(新編武蔵風土記稿より)

「八王子市史」による保井寺の縁起

保井寺(堀ノ内村―堀ノ内五四七)
竜沢山と号し、本尊虚空蔵菩薩、慶安年中(一六四八~一六五二)御朱印四石五斗を賜わった。開山は本寺四世照鑑(?~一五九五)、開基は麒山麟永居土(井上氏)である。(「八王子市史」より)


保井寺の周辺図

参考資料
  • 新編武蔵風土記稿
  • 「八王子市史」