猫の足あとによる八王子市の寺院、神社など八王子市の寺社案内 猫の足あとによる八王子市の寺院、神社など八王子市の寺社案内
猫の足あと

龍雲山高乗寺|八王子市初沢町にある曹洞宗寺院

高乗寺の概要

曹洞宗寺院の高乗寺は、龍雲山と号します。高乗寺は、片倉城主永井大膳大夫高乗(応永9年1402年寂)が開基となり、臨済宗の名僧・法光圓融禅師峻翁令山大和尚が応永元年(1394)創建、その後宗旨を曹洞宗に改め、永正2年(1505年)通庵浩達大和尚が開山したといいます。天正19年(1592)には寺領十石の御朱印状を拝領、武相卯歳観音霊場四十八ヶ所18番、八王子三十三観音霊場19番です。

高乗寺
高乗寺の概要
山号 龍雲山
院号 -
寺号 高乗寺
住所 八王子市初沢町1425
宗派 曹洞宗
葬儀・墓地 -
備考 武相卯歳観音霊場四十八ヶ所18番、八王子三十三観音霊場19番



高乗寺の縁起

高乗寺は、片倉城主永井大膳大夫高乗(応永9年1402年寂)が開基となり、臨済宗の名僧・法光圓融禅師峻翁令山大和尚が応永元年(1394)創建、その後宗旨を曹洞宗に改め、永正2年(1505年)通庵浩達大和尚が開山したといいます。天正19年(1592)には寺領十石の御朱印状を拝領、多摩地区の名刹寺院です。また、創建の峻翁令山禅師は、武蔵國秩父郡出身で寂後に勅号(天皇よりの法名命名)を賜り法光円明国師と呼ばれた高僧名僧で、山田兜率山廣園寺、深谷常興山国済寺、児玉郡威音山光厳寺、渋谷古碧山龍巌寺などを開山しています。

新編武蔵風土記稿による高乗寺の縁起

(原宿)高乗寺
境内除地、三十七萬三千餘坪、小名初澤にあり、龍雲山と號す、禅宗曹洞派、上州甘楽郡蛇井村最興寺の末也、天正九年十一月寺領十石の御朱印を賜へり、境内の延は東西一理ばかり、南北には廣狭あって二町より十町に至れり、東は下椚田村小名狭間の峯に界ひ、南は村内小名榎窪・案内・堂ヶ尾等の峯に限り、西も堂ヶ尾の峯を界とし、落合案内に隣れり、北は総門の外川原ノ宿におよべり、東西南の三面皆山につらなり、ただ北の方のみ一路漸平らかにして、川原ノ宿に達す、寺は境内入口総門より九町を経て谷間なれど方一間ばかり高燥の所にあり、古は境内字梅澤天神山の下にありしが、山奥なるを厭ひて、応永の中比今の所に引移せしと云、昔この地を花澤と呼しよし山間渓流ありて、花木水草自ら春夏の花に富りけるをもて名けしならんに、その語路ちかきにより、いつしか訛り唱へて初澤とは呼るなるべし、古は境内に塔頭七宇、百姓二十九軒迄ありしとぞ、今は衰廃して塔頭一宇、農家五軒のみなり、抑當寺の草創は、臨済の正傳法光圓融禅師峻翁令山が、開闢する處にて、翁は応永十五年三月六日化せり、爾しよりその法燈を垂るるや、星霜百餘年にして、更に臨済を改めて曹洞派となれり、即開山の僧は通庵活達、永正十五年八月四日寂す、是より宗脈綿々として今に及べりと云、開基は長井大膳大夫高乗、応永九年七月廿九日卒す、高乗寺殿大海廣大禅定門と法諡せしに、直に寺號とせり、室家は花澤院殿月窓貞心大禅定尼と諡す、その卒年は傳へず、中興開基は小宮山民部とて、もと甲州の士にて、天正中の人なり、寛延二年佐竹右大夫義明の母儀、故あって施主となり、當寺を随意會法幢の地となしぬと云、末寺十ヵ寺をすべり、客殿八間に十二間、卯辰に向ふ、本尊白衣観音木の坐像にて、長一尺五寸ばかり、これは永禄の比布施大弐と云人の護持佛なりしを、ここに寄附すとぞ、左右には文殊菩薩・普賢菩薩木の坐像にて、長一尺ばかりなるを安せり、別に開山の木像あり、又出山釈迦の素佛立身にて長九尺三分、青木主水が自作なるよし、外に地蔵一軀あり、同人老母の菩提の為に造立せしものなりとぞ、この青木氏は長井高乗の一族なるや、その何人たることを詳にせず、元禄年中丙丁の災に罹りて、堂舎僧房山門等その餘寺寳まで烏有せりと云、今続に蔵する所の寺寳左の如し、
太閤秀吉文書一通
禁制 武州くぬ木田郷高乗寺門前共ニ
軍勢甲乙人等濫妨狼藉事
放火事
対地下人百姓、非分之儀申懸事
右條々堅令停止説、若於違犯之輩者、忽可被處厳科者也
天正十八年四月日
天正十八年六月前田利家、この頃は羽柴筑前守と號し、今の元八王子城攻の主将たりしに、軍勢四方より此境内に取籠り、小屋をしつらひ陣しけるに、小屋一軒に永楽銭四十文積り、山上へ出しけるに、この永楽銭九十三貫文ありけるとぞ、費用につかひ猶残り四十九貫文ありしを以て、當寺の山門及び十六羅漢を新築造せしに、時の檀那小宮山新右衛門尉も、永楽銭三貫文を寄附せりと寺記に載たり、利家が出せし文書左の如し、是を境内字堂ヶ尾にたてしよし云つたへり。(利家文書中略)
慶長七年十月大久保石見守、長安より左の如く材木所望によって、境内字二枚畠にて七尺廻り槻一本、同く池ノ澤にて八尺五寸廻りの櫻一本、六尺五寸まはりの松一本、同じく堂ヶ尾澤にて杉丸太十六本、以上十九本を送りけるに、同年十二月使者松本伊兵衛を以、銀杏の紋付たる臺子一脚、青螺鞍一口、鐙一口謝禮として贈れりと、寺記にみえたり、
香筐一。径り五寸三分、深さ一寸二分、底に朱の印あり、栗色に金の蒔絵あれど、そのさますりはげて見え分たず、内は黒ぬりにて、いかにも古色のものなり、今蓋は失へり。
水晶数珠一。右二品は天正二年北條氏直より血脈の布施として、中嶋豊前守を使者として贈れりと寺記に見えたり。
衆寮。本堂に向ひ左の方にあり、北向、昔山門に安置せし、十六羅漢の木像各一尺ばかりなるあり。
庫裏。同く右の方にあり、土蔵を造込にす。
裏門。庫裏の前にあり、長屋造なり。
鐘楼。本堂の前にあり、二間四方、慶安元年鋳造の鐘をかかぐ。
山門趾。同前、元禄中焼失の後、再建に及ばず。
総門。境内入口にあり、二間四方丸柱六本建にて扉なく、いと古色なりと。
制札。総門に向ひて右の傍にあり、其文は天正十八年太閤秀吉より出せしものにて、前にみえたり、左方に囲一丈二尺許の楓樹あり。
住吉社。総門を入て右の方高丘の岩上にあり、小祠にて東向、上屋六尺四方、神体白幣。
辨財天社。客殿の南方にあり、北向、小社千人頭窪田忠兵衛が先祖越後守忠廉が勧請する所なり。
白山社。客殿と相対してあり、小祠、本地十一面観音を安す。
天満社。字梅澤にあり、廃祠、其跡に古松あり。
妙義社。字城山の上にあり、小祠、乾向。
愛宕社。客殿の東山上にあり、石の小祠。
山王社。総門を入一町許左の方にあり、小祠、南向、神体白幣。
金比羅社。字榎窪にあり、小祠、同上、艮向。
塔頭
日陽軒。総門を入三町許右の方丘上にあり、二間に二間半南向、本尊弥陀を安す、木の坐像、長八寸ばかり、作佛のよし云傳ふ、そのかみ開基長井高乗の一族荒木八内吉次と云人建立せしとぞ、文明の頃まで字堂ヶ尾にありしを、ここに移せしよしを寺記に見えたり。
西光院。本寺より北の方にて、丘上にあり。
清流庵。同上。
天桂院。総門をいりて右の方にあり。
雪江庵。同く左の方にあり。
慈眼庵。本寺の南の方にあり、以上六ヶ寺は廃跡のみあり弘治年中北條氏より、あらためて指置となりし時は存せりと云、その頃の古き図に見えたり、いつの頃廃せしや年代はつたへず。
城墟。
総門の東の方なる山を土人城山とよべり、登り二町ばかり、その頃は平坦にして乾の方より巽の方にわたり、長半町あまり、幅は廣狭あれど、大抵十二三間ばかり、北の隅には妙義の小祠あり、頂より巽の方へ数十歩を下り、曾根の高所をし、道を通ぜしところあり、坤方の山面中腹に、七間を隔てて、その幅三間許にきりひらけたる所二段あり、乾の方にも切通しと覚しき處あり、それより少し下りて馬冷し場と唱へ、四五歩瓜地あり、されど水ある所とも見えず、艮の方はやまくづれていと嶮しくそばたてり、按にこのところ物見櫓など構へしにや、居館は艮の方や山の麓小名狭間にありしならんと云へど、何れの人のここに住せしや傳へを失せり、一説には往昔椚田氏の人居住すともいへり、椚田は横山党より出で、横山権守時重の四男、太郎重兼はじめて此椚田に居を構へしより、その子次郎廣重代々この地に住せしゆへ、子孫椚田を氏とせし事ものにみえたり、また一説にはこの寺を開基せし、長井大膳大夫高乗が、居城を構へしあとなりと云へど、今よりかんがふべき由なし。(新編武蔵風土記稿より)

境内掲示による高乗寺の縁起

当寺は応永元年(1394)、法光圓融禅師峻翁令山大和尚により開創しました。その後、現在の境内地へ移築、臨済宗から曹洞宗への改宗を経て、永正二年(1505年)、通庵浩達大和尚により改めて開山しました。
開創に関して、当時の片倉城主、永井大膳太夫高乗公が深くかかわっており、高乗寺の寺名は此処に由来しています。また永井家は、毛利家の系譜の降下であることから、寺紋は毛利家の紋です。
当寺は、三多摩の曹洞宗の名刹で、都立高尾陣馬公園内に位置し多摩八大寺のひとつに数えられています。池の前には、生まれ年干支守り本尊八尊仏が並び、霊園内の聖観音初沢観音が霊園全体を優しく見守っています。敷地内には山王神社社殿があり、毎年八月には祭礼が開かれます。
本堂には本尊に釈迦牟尼仏、両脇に文殊菩薩と普賢菩薩を安置しております。本堂隣接の大慈閣には、正面に十一面観音立像をまつり、奥壇には、八王子三十三観音霊場第十九番札所、また武相観音第十八番札所に指定されている秘仏三十三体観音像を安置し、十二年に一度、卯年の四月に御開帳となります。(境内掲示より)


高乗寺の周辺図


大きな地図で見る