猫の足あとによる八王子市の寺院、神社など八王子市の寺社案内 猫の足あとによる八王子市の寺院、神社など八王子市の寺社案内
猫の足あと

北野天満社|八王子市北野町の神社

北野天満社の概要

北野天満社は、八王子市北野町にある神社です。北野天満社の創建年代等は不詳ながら、横山党の一族が京都北野天満宮をこの地に勧請、当地地名の由来となったといいます。天正19年(1591)徳川家康より社領5石の御朱印状を拝領、北野村の鎮守社だったといいます。

北野天満社
北野天満社の概要
社号 天満社
祭神 菅原道真公
相殿 -
境内社 塩竈神社、古峯原神社
住所 八王子市北野町550-1
祭日 4月25日
備考 -



北野天満社の由緒

北野天満社の創建年代等は不詳ながら、横山党の一族が京都北野天満宮をこの地に勧請、当地地名の由来となったといいます。天正19年(1591)徳川家康より社領5石の御朱印状を拝領、北野村の鎮守社だったといいます。

新編武蔵風土記稿による北野天満社の由緒

(北野村)天満宮
村の東の入口にあり、社領五石の御朱印を賜へり、當社はこの地十八代官を置れし頃、其人々の内にて勧請せし由を傳へり、神體綱敷天神立像、長二尺一寸なるを安せり、本社六尺四方、拝殿二間に三間、寛文九年の勅額にして二品良尚親王の筆也と云、村の鎮守にして例祭二月廿五日、八王子村元横山村大義寺持。
鐘楼。元禄元年十一月の銘をいれり、又境内に康永四年十一月日の古碑一基あり、何人の碑かしらず。
菴。拝殿の北にあり、二間に三間半、社を守る人ここに居れり。(新編武蔵風土記稿より)

東京都神社名鑑による北野天満社の由緒

創建の年代は詳らかでないが、横山党の一族が京都北野天満宮をこの地に勧請し、北野の地名となった。寛文四年(一六六四)三月龍華山大義寺真上法印により社殿再建した。天正十九年(一五九一)十一月から万延元年(一八六〇)九月まで、将軍家から五石の社領を受ける。毎年一月徳川将軍へ武運長久の祈祷札を献上の習慣があった。明治十三年唐破風の社殿を造営する。(東京都神社名鑑より)


北野天満社の周辺図

参考資料
  • 新編武蔵風土記稿
  • 東京都神社名鑑