猫の足あとによる東大和市・武蔵村山市の寺院、神社など東大和市・武蔵村山市の寺社案内 猫の足あとによる東大和市・武蔵村山市の寺院、神社など東大和市・武蔵村山市の寺社案内
猫の足あと

慶性院|東大和市芋窪にある真言宗豊山派寺院

慶性院の概要

真言宗豊山派寺院の慶性院は、白部山醫王寺と号します。慶性院は、承秀(慶長6年1602年寂)が開山となり創建したといいます。多摩八十八ヶ所霊場41番、奥多摩新四国霊場78番です。

慶性院
慶性院の概要
山号 白部山
院号 慶性院
寺号 醫王寺
住所 東大和市芋窪6-1353
宗派 真言宗豊山派
葬儀・墓地 -
備考 -



慶性院の縁起

慶性院は、承秀(慶長6年1602年寂)が開山となり創建したといいます。

新編武蔵風土記稿による慶性院の縁起

(芋久保村)醫王寺
除地、五畝十八歩、字石川にあり、白部山慶性院と號す、これも同寺(中藤村真福寺)の末、開山承秀慶長六年十一月二十八日寂せり、本堂五間に八間南向、本尊薬師木の立像長一尺六寸、行基の作を置り、鐘楼に鐘を掛たれども、正徳年中の新鋳なり、ことに考證とすべきことなければ、銘文はとらず。(新編武蔵風土記稿より)

慶性院所蔵の文化財

  • 慶性院の水天像(東大和市重宝)

慶性院の水天像

この水天像は、慶性院の第十九世住職円鏡法印慈賢が、江戸時代末期に建立したものである。
水天は、世界を守護する十二天の一つで、水難除けや雨乞いの祈願の対象となるため、池や川のほとりに建てられる例が多い。この像は大正十一年(一九二二年)、村山貯水池建設に伴って寺が移転した際、現在地に移されたものである。
水天像は、全国的にも例が少なく、都内に存在する三基のうちの一基で、きわめて貴重な彫像である。(東大和市教育委員会掲示より)


慶性院の周辺図

参考資料
  • 新編武蔵風土記稿