猫の足あとによる東大和市・武蔵村山市の寺院、神社など東大和市・武蔵村山市の寺社案内 猫の足あとによる東大和市・武蔵村山市の寺院、神社など東大和市・武蔵村山市の寺社案内
猫の足あと

はやし堂|東大和市芋窪にある真言宗豊山派堂宇

はやし堂の概要

真言宗豊山派堂宇のはやし堂は、東大和市芋窪にある観音堂です。はやし堂の創建年代等は不詳ながら、新編武蔵風土記稿に「字林と云所にあり、三間に三間半、観音は如意輪にて、長九寸許、行基の作なりと云」と記載されています。狭山三十三観音霊場19番です。

はやし堂
はやし堂の概要
山号 -
院号 -
寺号 観音堂
住所 東大和市芋窪3-1664
宗派 真言宗豊山派
葬儀・墓地 -
備考 -



はやし堂の縁起

はやし堂の創建年代等は不詳ながら、新編武蔵風土記稿に「字林と云所にあり、三間に三間半、観音は如意輪にて、長九寸許、行基の作なりと云」と記載されています。

境内石碑によるはやし堂の縁起

(芋久保村)観音堂
字林と云所にあり、三間に三間半、観音は如意輪にて、長九寸許、行基の作なりと云。(境内石碑より)

はやし堂所蔵の文化財

  • 十九番札所はやし堂(東大和市旧跡)

十七番札所はやし堂

このはやし堂は、狭山三十三観音霊場の十九番目の札所である。
霊場は、狭山丘陵周辺に点在するが、一説には天明八年(一七八葉値)に創設されたと言われている。
観音巡りは、一人の人間としての安らぎを求めるためのもので、明治の中期ごろまで盛んであった。
本尊は、如意輪観世音菩薩で、作者は行基と「いわれ、長さ九寸(約二七センチメートル)の像が安置されている。
(はやし堂(芋窪観音堂)詠歌)こずへ吹く 風も大悲の妙智力 あめつちもれぬ ちかひなりけり(東大和市教育委員会掲示より)


はやし堂の周辺図

参考資料
  • 新編武蔵風土記稿