猫の足あとによる東村山市・清瀬市の寺院、神社など東村山市・清瀬市の寺社案内 猫の足あとによる東村山市・清瀬市の寺院、神社など東村山市・清瀬市の寺社案内
猫の足あと

大善院|東村山市野口町にある天台宗寺院、野口のお不動さま

大善院の概要

天台宗寺院の大善院は、恵日山と号します。大善院の創建年代等は不詳ながら、高月円通寺の塔頭として、天正元年(1573)には寺格を有していたとといいます。東村山周辺の檀信徒の希望により明治32年に移転願を提出、当地へ移転したといいます。東村山周辺の檀信徒の希望により明治32年に移転願を提出、当地へ移転したといいます。現在「野口のお不動さま」「水子地蔵堂」として知られているといいます。

大善院
大善院の概要
山号 恵日山
院号 大善院
寺号 -
住所 東村山市野口町4-16-1
本尊 阿弥陀如来坐像
宗派 天台宗
葬儀・墓地 大善院会館
備考 -



大善院の縁起

大善院の創建年代等は不詳ながら、高月円通寺の塔頭として、天正元年(1573)には寺格を有していたとといいます。東村山周辺の檀信徒の希望により明治32年に移転願を提出、当地へ移転したといいます。

新編武蔵風土記稿による大善院の縁起

(小宮領高月村円通寺塔頭)大善院
除地、6畝20歩、円通寺の後の方にありて則同寺(円通寺)の末なり。開山詳ならず。本尊は弥陀の坐像にて、長1尺8寸程、客殿7間に7間半。(新編武蔵風土記稿より)

境内掲示による大善院の縁起

創立は未詳なれど、八王子市高月町恵日山円通寺の塔頭で天正元年旧修験を廃し、正寺格に改め恵日山大善院と名称を附す。
明治32年慈善和尚により東村山に同院を移し当地に於ける開山とす。(境内掲示より)


大善院所蔵の文化財

  • 阿弥陀如来坐像(本尊)
  • 不動明王および二童子像
  • 不動明王立像
  • 不動明王および二童子像
  • 不動明王図
  • 牛頭天王図
  • 築山および三十六童子

大善院の周辺図


大きな地図で見る
参考資料
  • 新編武蔵風土記稿


会社設立・起業サポートセンター