猫の足あとによる東村山市・清瀬市の寺院、神社など東村山市・清瀬市の寺社案内 猫の足あとによる東村山市・清瀬市の寺院、神社など東村山市・清瀬市の寺社案内
猫の足あと

久米川熊野神社|東村山市久米川町の神社

熊野神社の概要

熊野神社の創建年代は不詳ですが、元弘年間(1331~1334)久米川の合戦の時に新田義貞が後詰を置いた所といい、久米川村の鎮守として崇敬を集めました。明治4年村社に列格、本殿新築の際に栖川熾仁親王より直蹟二軸を拝領したといいます。

熊野神社
熊野神社の概要
社号 熊野神社
祭神 伊邪那岐神、伊邪那美神、天照大神
相殿 -
境内社 稲荷神社、伊勢神宮、御嶽社、神明宮
住所 東村山市久米川町5-13-1
祭日 例祭日10月9日
備考 秋津氷川神社の兼務社、旧村社



熊野神社の由緒

熊野神社の創建年代は不詳ですが、元弘年間(1331~1334)久米川の合戦の時に新田義貞が後詰を置いた所といい、久米川村の鎮守として崇敬を集めました。明治4年村社に列格、本殿新築の際に栖川熾仁親王より直蹟二軸を拝領したといいます。

新編武蔵風土記稿による熊野神社の由緒

(久米川村)熊野社
小名新宿にあり、2間四方の覆屋にて、拝殿は3間に2間。村内の鎮守なり。例祭は毎年9月9日、入間郡難畑村(現志木市南畑)本山修験、泉岳院(現廃寺)の持。社地凡2畝ばかりの地租税を出さず。(新編武蔵風土記稿より)

北多摩神社誌による熊野神社の由緒

旧鎌倉街道の沿道に鎮座し、元弘年間久米川の合戦の時新田義貞後詰を置いた所。明治四年村社に列せられた。明治十四年本殿落成の折、有栖川熾仁新王の真蹟二軸を賜り、毎年例祭にこれを掲げている。(北多摩神社誌より)


熊野神社の周辺図

参考資料
  • 新編武蔵風土記稿
  • 北多摩神社誌(北多摩神道青年会むらさき会)



会社設立・起業サポートセンター