猫の足あとによる東村山市・清瀬市の寺院、神社など東村山市・清瀬市の寺社案内 猫の足あとによる東村山市・清瀬市の寺院、神社など東村山市・清瀬市の寺社案内
猫の足あと

久米川白山神社|東村山市久米川町の神社

久米川白山神社の概要

白山神社の創建年代は不詳ですが、創建年代は不詳です。

白山神社
白山神社の概要
社号 白山神社
祭神 須佐之男命
相殿 -
境内社 牛頭天王、稲荷社
住所 東村山市久米川町4-41-2
祭日 -
備考 秋津氷川神社の兼務社



久米川白山神社の由緒

白山神社の創建年代は不詳です。

新編武蔵風土記稿による白山神社の由緒

(久米川村)
該当なし(新編武蔵風土記稿より)

北多摩神社誌による白山神社の由緒

不詳。(北多摩神社誌より)


久米川白山神社所蔵の文化財

  • 白山神社の牛頭天王像(東村山市指定有形民俗文化財)

白山神社の牛頭天王像

牛頭天王は頭に牛頭をいただいた像で、通称は「天王さま」として知られ、素盞鳴尊を同体とされています。疫病除けの神として知られていますが、家内繁栄や招福の神としても信仰されました。
この白山神社の牛頭天王像は高さ67cm程ですが、石造丸彫座像としては極めて珍しく、武蔵野地域には類をみない優れた忿怒相の石仏です。
胸には「信心者 当病除」と造立者の願いが彫られ、また台石には「村内安全」の文字とともに文政2年(1819)に北久保忠蔵が願主となって造立したことが刻まれています。 地域の言い伝えによると、この像はもともと白山神社にあったものではなく、明治の初め頃に井戸の中から発見されたそうですが、願主の北久保忠蔵の名は近くの「普門品供養塔」にもみえており、当時のこの地域の有力者であったようです。(東村山市教育委員会掲示より)

久米川白山神社の周辺図

参考資料
  • 新編武蔵風土記稿
  • 北多摩神社誌(北多摩神道青年会むらさき会)



会社設立・起業サポートセンター