猫の足あとによる調布市・狛江市の寺院、神社など調布市・狛江市の寺社案内 猫の足あとによる調布市・狛江市の寺院、神社など調布市・狛江市の寺社案内
猫の足あと

明静院|狛江市岩戸南にある天台宗寺院

明静院の概要

天台宗寺院の明静院は、岩本山清岸寺と号します。明静院は、僧台順が享禄3(1530)年開創、法印義元(享保16年(1731)寂)が中興開山したといいいます。

明静院
明静院の概要
山号 岩本山
院号 明静院
寺号 清岸寺
住所 狛江市岩戸南2-10-13
本尊 阿弥陀如来像
宗派 天台宗
葬儀・墓地 -
備考 -



明静院の縁起

明静院は、僧台順が享禄3(1530)年開創、法印義元(享保16年(1731)寂)が中興開山したといいいます。

新編武蔵風土記稿による明静院の縁起

(岩戸村)明静院
除地、境内共七段、岩本山清岸寺と號す、天台宗、江戸東叡山の末にて深大寺の預なり、中興開山義元享保十六年七月十九日示寂とのみ傳へて、開山開基をばつたへず、客殿東向、七間に五間半、本尊弥陀木の坐像二尺なるを安ず。(新編武蔵風土記稿より)


明静院の周辺図


大きな地図で見る
参考資料
  • 新編武蔵風土記稿