猫の足あとによる調布市・狛江市の寺院、神社など調布市・狛江市の寺社案内 猫の足あとによる調布市・狛江市の寺院、神社など調布市・狛江市の寺社案内
猫の足あと

光岳寺|調布市富士見町にある浄土宗寺院

光岳寺の概要

浄土宗寺院の光岳寺は、渓照山西向院と号します。光岳寺は、傳通院中興四世叡譽悦大和尚を開基とし、その高弟業蓮社成譽上人龍公廓呑大和尚が正保元年(1645)小石川竹早に開山、於大の方の法号(傳通院殿容譽光岳智光大禅定尼)より光岳寺と号したといいます。昭和9年飛田給に移転、昭和19年当地に移転したといいます。山の手三十三観音霊場5番です。

光岳寺
光岳寺の概要
山号 渓照山
院号 西向院
寺号 光岳寺
本尊 阿弥陀如来像
住所 調布市富士見町1-36-1
宗派 浄土宗
葬儀・墓地 -
備考 -



光岳寺の縁起

光岳寺は、傳通院殿(於大の方の)荼毘地に、傳通院第四世叡譽聞悦上人聞悦大和尚の発願によって、その高弟業蓮社成譽上人龍公廓呑大和尚を開山として正保元年(1645)に創建、於大の方の法号(傳通院殿容譽光岳智光大禅定尼)より光岳寺と号したといいます。昭和9年飛田給に移転、昭和19年当地に移転したといいます。

「小石川區史」による光岳寺の縁起

渓照山西向院光岳寺。浄土宗鎮西派、傳通院末。本尊阿彌陀如来。當寺の地は家康の生母傳通院殿荼毘の遺跡地で、正保元年傳通院第四世叡譽聞悦上人の發願により、此の地に二寺を創し、傳通院殿容譽光岳智香大姉の法號により、一を光岳寺、他を智香寺と名付け、當寺にはその高弟業蓮社成譽上人廓呑和尚を開山となした。開山成譽上人は承應三年九月十八日入寂したが、嫡弟辨譽歡了上人(中興開山とも云ふ)が更に法燈をあげ、爾来門資連綿として今日に至つた。『文政書上』には『境内は古跡拝領地千八百坪、内門前町屋有之』と記されてゐる。猶江戸の儒者小川泰山の碑文が境内にある。(「小石川區史」より)

東京名所図会による光岳寺の縁起

光岳寺
光岳寺は竹早町百十七番地に在り。渓照山と號し。西向院と稱す。浄土宗にして傳通院末なり。
江戸志に云。開基は本山傳通院中興四世叡譽悦大和尚發起也。開山は叡譽の高弟業蓮社成譽上人龍公廓呑大和尚。正保元甲申年建立也。其の由来を尋るに。御尊母傳通院殿容譽光岳智光大禅定尼荼毘所たるに因て。成譽信譽相共に心を合せ。公聴に達し。一丁四方の地を拝領し両寺となし。光岳智光の尊號を以て寺號となす。成譽上人は承應三甲午年九月十八日寂す。嫡弟中興辨譽歓了上人。當寺に於て法燈を炳てより爾来門資連綿なり。
本尊恵心僧都、二脇士後人作。
傳通院殿尊牌、尊霊石碑境内に在り
観音堂、山の手五番、聖観音秘仏、聖徳太子作
開山成譽上人慶安年中参内の日。洛白川坊に於て感得。
踊躍地蔵 石佛。萬冶寛文の頃。此尊像時に山内に於て歓喜の袖を翻し誦躍し給ふと也。(東京名所図会より)


光岳寺の周辺図

参考資料
  • 小石川區史
  • 東京名所図会