猫の足あとによる調布市・狛江市の寺院、神社など調布市・狛江市の寺社案内 猫の足あとによる調布市・狛江市の寺院、神社など調布市・狛江市の寺社案内
猫の足あと

諏訪神社|調布市深大寺東町の神社

諏訪神社の概要

諏訪神社は、調布市深大寺東町にある神社です。諏訪神社の創建年代は不詳ながら、多聞院が別当となり諏訪明神祠と称していたといいます。明治43年稲荷神社、御嶽神社を合祀したといいます。

諏訪神社
諏訪神社の概要
社号 諏訪神社
祭神 建御名方命
相殿 倉稲魂命、大己貴命
境内社 -
住所 調布市深大寺東町8-1-3
祭日 10月第一日曜日
備考 -



諏訪神社の由緒

諏訪神社の創建年代は不詳ながら、多聞院が別当となり諏訪明神祠と称していたといいます。明治43年稲荷神社、御嶽神社を合祀したといいます。

新編武蔵風土記稿による諏訪神社の由緒

(深大寺村)諏訪明神祠
小名野ヶ谷にあり、勧請の年代詳ならず、本社は二尺四方程の宮作にて覆屋あり、拝殿二間に三間、共に南向なり、多聞院の持。(新編武蔵風土記稿より)

北多摩神社誌による諏訪神社の由緒

縁起創立は不詳。明治以前は別当多聞院の管理に置かれ、諏訪明神祠と称し、明治四十三年部落内稲荷神社、御嶽神社を合祀した。明治三十五年拝殿改築。なお江戸時代中期以降、諏訪大明神御札を広く頒布し、疫病除けとして、近隣の信仰特に深かったと伝えられている。(北多摩神社誌より)


諏訪神社の周辺図

参考資料
  • 新編武蔵風土記稿
  • 東京都神社名鑑