猫の足あとによる調布市・狛江市の寺院、神社など調布市・狛江市の寺社案内 猫の足あとによる調布市・狛江市の寺院、神社など調布市・狛江市の寺社案内
猫の足あと

道生神社|調布市飛田給の神社

道生神社の概要

道生神社は、調布市飛田給にある神社です。道生神社の創建年代等は不詳ながら、当地には稲荷社(明治維新後に飛田神社を改称)が鎮座していたといいます。調布飛行場の地に鎮座していた山王社が明治2年道生神社と改称、調布飛行場整備に伴い、昭和18年飛田神社を合祀の上、当地へ遷座したといいます。

道生神社
道生神社の概要
社号 道生神社
祭神 宇気母智命
相殿 -
境内社 -
住所 調布市飛田給2-39-20
祭日 -
備考 -



道生神社の由緒

道生神社の創建年代等は不詳ながら、当地には稲荷社(明治維新後に飛田神社を改称)が鎮座していたといいます。調布飛行場の地に鎮座していた山王社が明治2年道生神社と改称、調布飛行場整備に伴い、昭和18年飛田神社を合祀の上、当地へ遷座したといいます。

新編武蔵風土記稿による道生神社の由緒

(上飛田給村)
稲荷社
見捨地十二歩、村の北より林野の中に有、纔の祠にて南向村の鎮守なり、押立村大楽院の持なり。
(下飛田給村)
稲荷社
除地、一段九畝、同じ邊にて西寄にあり、小祠にて東に向ふ、神體白幣なり、同寺の持
稲荷社
除地、八歩、上飛田給村境にあり、小祠にて南に向ふ、神體白幣、下石原宿の百姓の持なり
稲荷社
除地、二十九歩、村の南品川道の邊にあり、これも僅なる祠にて神體白幣、百姓持 (新編武蔵風土記稿より)

東京都神社名鑑による道生神社の由緒

往昔より飛田給の鎮守社にして村民の崇敬篤く、明治二年道生神社と改称した。さらに明治十七年村民相はかり、飛田神社(現在地)を合祀し、現道生神社となった。もとの道生神社は昭和十八年調布飛行場用地に指定された。(東京都神社名鑑より)


道生神社の周辺図

参考資料
  • 新編武蔵風土記稿
  • 東京都神社名鑑