猫の足あとによるあきる野市の寺院、神社などあきる野市の寺社案内 猫の足あとによるあきる野市の寺院、神社などあきる野市の寺社案内
猫の足あと

水谷山宝清寺|あきる野市小川にある日蓮宗寺院

宝清寺の概要

日蓮宗寺院の宝清寺は、水谷山と号します。宝清寺は、法清院日信が開山、青木勘左衛門が元和年中(1615-1624)開基したといいます。宝永年中(1704-1710)に水谷信濃守が祈願所としたことから、山号を東照山から水谷山へ改めたといいます。

宝清寺
宝清寺の概要
山号 水谷山
院号 -
寺号 宝清寺
住所 あきる野市小川101
宗派 日蓮宗
葬儀・墓地 宝清寺たちばな会館・水谷庵
備考 -



宝清寺の縁起

宝清寺は、法清院日信が開山、青木勘左衛門が元和年中(1615-1624)開基したといいます。宝永年中(1704-1710)に水谷信濃守が祈願所としたことから、山号を東照山から水谷山へ改めたといいます。

新編武蔵風土記稿による宝清寺の縁起

(小川村)法清寺
境内年貢地、村の中程にあり、日蓮宗身延山久遠寺の末寺なり、水谷山と號す、開山法清院日信寂年を傳へず、元和年中大御番を勤めし青木勘左衛門と云もの基を開きしといへば、其年歴も大抵をして知らる、始めは東照山と號せしが、寶永年中水谷信濃守祈願所とせしより、水谷山と改めたりと、本尊三寶を安す、客殿七間に七間半、東向なり、傳云、今の寺地は往昔小川土佐守の居宅の跡なりと、詳なることは傳へず。(新編武蔵風土記稿より)


宝清寺の周辺図

参考資料
  • 新編武蔵風土記稿