猫の足あとによるあきる野市の寺院、神社などあきる野市の寺社案内 猫の足あとによるあきる野市の寺院、神社などあきる野市の寺社案内
猫の足あと

二宮神社|あきる野市二宮の神社旧武蔵国二宮

二宮神社の概要

二宮神社は、あきる野市二宮にある神社で、武蔵国二宮でした。二宮神社の創建年代等は不詳ながら、鎮座地小川郷より小川大明神とも、武蔵国二宮より二宮大明神とも称されたともいい、藤原秀郷や滝山城主北条氏照も崇敬したといいます。天正19年(1591)徳川家康より社領15石の御朱印状を拝領、明治期に郷社に列格したといいます。

二宮神社
二宮神社の概要
社号 二宮神社
祭神 国常立尊
相殿 -
境内社 伊勢神社、八幡神社、八雲神社、天神社、諏訪神社、稲荷神社2社、荒波々伎神社、社宮社
住所 あきる野市二宮2252
祭日 9月9日
備考 -



二宮神社の由緒

二宮神社の創建年代等は不詳ながら、鎮座地小川郷より小川大明神とも、武蔵国二宮より二宮大明神とも称されたともいい、藤原秀郷や滝山城主北条氏照も崇敬したといいます。天正19年(1591)徳川家康より社領15石の御朱印状を拝領、明治期に郷社に列格したといいます。

東京都神社名鑑による二宮神社の由緒

創建年代不詳。往昔より小川大明神または二宮大明神と称した。小川大明神とは、その鎮座地が『和名抄』記載の武蔵国多摩郡小川郷の地区内にあったためで、また二宮大明神とは『神道集』または『私案抄』等にみられる武蔵総社六社宮(現大国魂神社)所祭神座の第二次にあるがため、その地名も二宮と称した。明治三年二宮神社と改称した。古記録によると藤原秀郷が己の生国近江国山王二十一社中の二宮を尊崇せる縁故をもって、特に当社を尊敬し、天慶の乱にさいし戦勝祈願をこめ、乱平定の奉賽として社殿、玉垣を造営、くだって源頼朝、北条氏政も崇敬篤く、ことに北条氏照滝山城主となり、同氏の祈願所とした。爾後社殿、神官宅罹災により記録の大半が焼失。天正十九年(一五九一)徳川家康より御朱印十五石を受け、以後代々継承されてきた。(東京都神社名鑑より)

新編武蔵風土記稿による二宮神社の由緒

(二ノ宮村)二宮明神社
野邊村の境にあり、野邊村と當村との鎮守なり、社領十五石の御朱印を附せらる、三間四方の社にて、前に拝殿あり、五間に二間、祭神は國常立尊なりと云、寛永及び萬治年中の棟札あり、其比修復ありしと見ゆ、例祭九月九日、神主野村出雲持、傳云この社は昔田原藤太秀郷武蔵國へ来りし時勧請せしと、古は社も荘厳なりしにや、社地より布目の紋ある古瓦を掘出す事ままありと云り、先年社再興の時土中より甕一つを掘出せり、甕中に銅の筒二つありて、其中に綿の如くなる紙あり、縁起など書たる者にや、甕は今も神主所持すれど、銅筒は紛失したりと云。
鐘楼。社地の東にあり、圓径二尺餘、長四尺五寸の鐘なり、銘に
武州多西郡貮宮大明神御寶前
奉鋳所蒲牢一供
抑華鯨者、元是海魚名也、鳴聲
寛永十七年九月九日
御手洗池。五間に十五間許の池なり、石階の下鳥居の側にありいかやう旱魃にも水涸るることなし、是を村民用水の助となせり。(新編武蔵風土記稿より)


二宮神社の周辺図

参考資料
  • 新編武蔵風土記稿
  • 東京都神社名鑑


[an error occurred while processing this directive]