猫の足あとによる台東区の寺院、神社など台東区の寺社案内 猫の足あとによる台東区の寺院、神社など台東区の寺社案内
猫の足あと

一乗寺|台東区谷中にある日蓮宗寺院

一乗寺の概要

日蓮宗寺院の一乗寺は、大法山と号します。一乗寺は、茂原妙光寺十七世日僚(元和3年1617年寂)が創建したといいます。

一乗寺
一乗寺の概要
山号 大法山
院号 -
寺号 一乗寺
住所 台東区谷中1-6-1
宗派 日蓮宗
葬儀・墓地 -
備考 -



一乗寺の縁起

一乗寺は、茂原妙光寺十七世日僚(元和3年1617年寂)が創建したといいます。

御府内寺社備考による一乗寺の縁起

上総国長柄郡藻原村妙光寺末頭 谷中善光寺前町
大法山一乗寺、境内古跡拝領地1,000坪
起立年月、相知不申候。
開山本山十七世日僚、元和3年12月17日寂。
客殿梁間6間桁行8間、本尊宗法之通、三宝諸尊。半鐘差渡1尺2寸丈龍頭迄1尺9寸余無銘。
稲荷社1間ニ7尺、神体木造丈5寸。
寺中。真浄坊、真行坊。右ハ、明和9年2月29日丸山出火之節、類焼仕、其後再建不仕候。以上丙戌書上。(御府内寺社備考より)


一乗寺所蔵の文化財

  • 太田錦城墓(東京都指定旧跡)

太田錦城墓

太田錦城(1765-1825)は江戸時代中期の儒学者で、名は元貞、字は公幹、才佐と称し、錦城は号である。加賀国大聖寺に生まれ、当時の大儒であった皆川淇園、山本北山に折衷派を学んだが満足せず、漢代以降の中国の諸説を直接研究し、一家の学を建てた。
晩年にいたり、一時京畿に遊び、三河国吉田藩に仕えたが、加賀国金沢藩から賓師として招かれ、三百石を給せられた。
文政8年4月23日、61歳で没した。著書には「九経談」「春草堂詩集」「鳳鳴集」など非常に多くの著述があり、長男は加賀侯に仕え、三男は吉田侯に儒学をもって仕えた。(東京都教育委員会掲示より)


一乗寺の周辺図


大きな地図で見る


会社設立・起業サポートセンター

葬儀社紹介・葬儀相談

葬儀支援ネット