猫の足あとによる墨田区の寺院、神社など墨田区の寺社案内 猫の足あとによる墨田区の寺院、神社など墨田区の寺社案内
猫の足あと

東漸寺|墨田区立花にある天台宗寺院、葛西三十三観音

東漸寺の概要

天台宗寺院の東漸寺は、金林山明了院と号します。文安元年(1444)秀尊法印により創建し、宝永年間円挙法印によって中興したといいます。葛西三十三観音の一つに数えられた十一面観世音菩薩像が安置されています。

東漸寺
東漸寺の概要
山号 金林山
院号 明了院
寺号 東漸寺
住所 墨田区立花6-17-4
宗派 天台宗
葬儀・墓地 -
備考 立花白髭神社のもと別当寺



東漸寺の縁起

東漸寺は、文安元年(1444)秀尊法印により創建し、宝永年間(1704-1710)円挙法印によって中興されたと伝えられます。

新編武蔵風土記稿による東漸寺の縁起

東漸寺
天台宗江戸浅草寺末。金林山明了院と号す。当寺は文安元年秀尊といふ僧開基すと云。本尊弥陀。中興円覚、寛永7年11月18日示寂す。
観音堂。(新編武蔵風土記稿より)

すみだの史跡文化財めぐりによる東漸寺の縁起

もとは浅草寺末の天台宗の寺院で、金林山明了院と号し、文安元年(1444)に秀尊法印が創建したと伝えています。また、宝永年間(1704-1710)円挙法印によって中興されました。しかし、明治期に無住の時代があり、古い記録は失われてしまいました。
本尊は阿弥陀如来で、葛西三十三所観音参りの一に数えられた十一面観世音菩薩像が安置されています。
また、後年、同じく浅草寺末の東昌寺を合併し、いくつかの石造物を移設させてもいます。(すみだの史跡文化財めぐりより)

廃寺となった東昌寺について

東昌寺
同宗同末(天台宗江戸浅草寺末)、医王山と号す。当寺は宝徳2年の起立と云。本尊薬師。(新編武蔵風土記稿より)


東漸寺所蔵の文化財

  • 板坂如春(卜斉)先生の墓碑(延寳八年庚申仲冬十二日)
  • 板坂卜斉如春叟碑銘
  • 元文元年銘阿弥陀像と六地蔵
  • 宝暦13年銘庚申塔(墨田区登録文化財)
  • 安永9年銘地蔵座像

石造庚申道標

正面に青面金剛像が彫られた典型的な庚申塔で、総高は91センチメートルあります。青面金剛像の顔の部分に一部欠損が見られますが、各部の彫りははっきりしており、保存状態は良好です。さらに、左右の側面には「左 やくし道 右 市川道」とあり、庚申塔でありながら道標を兼ねている区内では珍しい例です。近世における庚申信仰と道祖神、道標との関係、また同地域の交通路の存在形態を考える上で重要な資料といえます。宝暦13年(1763年)11月に七左衛門、作左衛門をはじめとした21名により建立されました。
「やくし道」とは将軍の篤い信仰を受けた木下川薬師浄光寺へ抜ける道、「市川道」とは平井の渡しから市川へ抜ける道のことで、庚申道標はこの分岐点にあったと考えられますが、原位置は確定できません。(墨田区教育委員会)

東漸寺の周辺図


大きな地図で見る


葬儀社紹介・葬儀相談

墨田区の葬儀

葬儀社紹介・葬儀相談

葬儀支援ネット