猫の足あとによる墨田区の寺院、神社など墨田区の寺社案内 猫の足あとによる墨田区の寺院、神社など墨田区の寺社案内
猫の足あとによる東京都寺社案内

慈光院|墨田区立花にある曹洞宗寺院

慈光院の概要

慈光院は、永世11年(1514)葛西三郎清重四代之孫出雲守武常が開基となり、妻と子亀命丸の菩提のために創建したと伝えられます。智証大師の創作による弁財天の像が守護神、この地の七福神として置かれていましたが戦火で焼失したといいます。

慈光院
慈光院の概要
山号 亀命山
院号 慈光院
寺号 -
住所 墨田区立花1-29-3
本尊 聖観世音菩薩
宗派 曹洞宗
葬儀・墓地 -
備考 -



慈光院の縁起

慈光院は、永世11年(1514)葛西三郎清重四代之孫出雲守武常が開基となり、妻と子亀命丸の菩提のために創建したと伝えられます。

新編武蔵風土記稿による慈光院の縁起

(亀戸村)慈光院
同宗同末(禅宗曹洞派豊島郡橋場村総泉寺末)、亀命山と号す。本尊観音を安す。当寺は葛西三郎清重四代之孫出雲守武常、其妻女及び一子亀命丸菩提のため、永正11年開基せりと云。されど諸家大系図等に拠れば、武常は秩父将常[一作常]の三男にして、清重より四代以前の祖なり。然れば其年代最古かるべきを、永正11年の開基とするもの年暦符号せず。恐くは当寺後年葛西氏庶流の者の開基せるを、古寺なる事を證せんとて妄に付会し、年代をも失ひしにあらずや。位牌に慈光院考額知舜大姉永正11年10月5日、亀命院黄琳梅金童永正2乙丑2月10日とあり、是武常の妻及ひ一子亀命丸の法号とす。また当寺開基心翁傳公元和3丁巳年2月15日としるせし位牌あり。是中興の開基なるにや。もし武常が法号とせんには年代たがえり。開山嶺巌は萬冶2年8月9日寂すと云。是も中興の僧なるべし。(新編武蔵風土記稿より)

すみだの史跡文化財めぐりによる慈光院の縁起

亀命山と号し、曹洞宗橋場総泉寺末で、永正11年(1514)の創建と伝えられています。聖観世音菩薩を本尊としています。(すみだの史跡文化財めぐりより)


慈光院所蔵の文化財

  • 元禄6年銘庚申像

慈光院の周辺図


大きな地図で見る