猫の足あとによる墨田区の寺院、神社など墨田区の寺社案内 猫の足あとによる墨田区の寺院、神社など墨田区の寺社案内
猫の足あと

八広の道標|墨田区八広の観光名所

八広の道標の概要

八広の道標は、享保年間(1716-1735)に将軍吉宗の薬師(木下川薬師浄光寺)参詣に当って、大畑村の人々に建てさせたものと伝えられています。正面に当地の地名(大畠村)、右面(西方向)江戸みち、左面(東方向)薬師道と刻されています。

八広の道標
八広の道標の概要
観光名所名 八広の道標
住所 墨田区八広4-12-3
電話番号 -
みどころ -
備考 -



八広の道標の由緒

八広の道標は、享保年間(1716-1735)に将軍吉宗の薬師(木下川薬師浄光寺)参詣に当って、大畑村の人々に建てさせたものと伝えられています。正面に当地の地名(大畠村)、右面(西方向)江戸みち、左面(東方向)薬師道と刻されています。

木下川薬師への道標で、高さ1m余のものです。墨120号線道路の植込の中にあるものですから、全体像は容易にはわかりません。
(右面)左ゑとみち
(正面)右や久しみち
(左面)大畠村講中
言い伝えでは、享保年間(1716-1735)に将軍吉宗の薬師参詣に当って、大畑村の人々に建てさせたものとされています。また、この道標もまた、しかるべき位置にあったものが移され、現在地に起立するものです。
木下川薬師浄光寺は、荒川開削のため、現在は葛飾区四つ木1丁目5番に移転しております、正式には、青竜山薬王院浄光寺という天台宗の寺院です。寺伝によれば、嘉祥2年(849)僧広智の草庵に始まり、貞観2年(860)その弟子慶寛によって一寺となし、浄光寺と名づけたとされています。(すみだの史跡文化財めぐりより)


八広の道標の周辺図


大きな地図で見る