猫の足あとによる墨田区の寺院、神社など墨田区の寺社案内 猫の足あとによる墨田区の寺院、神社など墨田区の寺社案内
猫の足あと

白髭神社|墨田区東向島の神社、隅田川七福神の寿老神

白髭神社の概要

白髭神社は、天暦5年(951)に慈覺大師が関東下向時に、白髭大明神の御分霊を当地に祀ったと伝えられています。天正19年(1592)には、時の将軍家より神領2石を寄進されました。隅田川七福神の寿老神としても親しまれています

白髭神社拝殿
東向島白髭神社の概要
社号 白髭神社
祭神 猿田彦大神
相殿 天照大御神、高皇産霊神、神皇産霊神、大宮能売神、豊由気大神、健御名方神
境内社 水神社、三峯社、諏訪神社
住所 墨田区東向島3-5-2
祭日 例祭日6月7日
備考 隅田川七福神の寿老神



白髭神社の由緒

白髭神社は、天暦5年(951)に慈覺大師が関東下向時に、白髭大明神の御分霊を当地に祀ったと伝えられています。天正19年(1592)には、時の将軍家より神領2石の寄進を受けたといいます。明治40年諏訪神社を合祀しました。

新編武蔵風土記稿による白髭神社の由緒

白髭社。
村の鎮守なり。相傳ふ当社は天暦5年元三大師関東下向の時、江州志賀軍打颪より勧請し、天正19年社領2石を給ひし由。されと今は免除の地なく社地のみ僅の除地なり。神体は元三大師の作長1尺の立像也。左右に諏訪と稲荷を安す。本地不動は坐像長4寸許興教大師の作。今は別当寺の本山蓮花寺に在り。(新編武蔵風土記稿より)

境内掲示による白髭神社の由緒

天暦5年(951)に慈覺大師が関東に下った時に、近江国比良山麓に鎮座する白髭大明神の御分霊をここに祀ったと、社伝の記録は伝えている。天正19年(1592)には、時の将軍家より神領2石を寄進された。
当社の御祭神猿田彦大神が、天孫降臨の際に道案内にたたれたという神話より、後世お客様をわが店に案内して下さる神としての信仰が生まれた。社前の狛犬は山谷の料亭八百善として有名な八百屋善四郎、吉原の松葉屋半左衛門が、文化12年に奉納したもので、其の信仰のほどが偲ばれる。明治40年には氏子内の諏訪神社を合祀した。(白髭神社由来より)

東京都神社名鑑による白髭神社の由緒

天暦五年(九五一)慈覺大師が関東へ下向のおりに、夢告により近江国志賀郡境打颪(現滋賀県高島町)に鎮座する白鬚大明神の分霊をこの地に祀ったと伝えられる。天正十九年(一五九一)時の将軍家より神領二石を賜わる。元治元年拝殿を新築、明治二十一年には本殿・幣殿・拝殿を改修する。同三十一年鳥居改築に小松宮殿下より扁額を奉献され、参拝される。
明治四十年氏子内の諏訪神社を合祀する。(東京都神社名鑑より)


白髭神社所蔵の文化財

  • 岩瀬鴎所の墓碑
  • 鷲津毅堂之碑
  • 石燈籠
  • 文化三年銘狛犬一対(墨田区登録文化財)

岩瀬鴎所の墓碑

江戸時代末期の外交家。文政元年江戸に生まれました。名は忠震で、鴎所の号は隅田川の辺に住んだことに由来します。幕府の徒頭設楽貞夫の第三子で、天保11年(1840)、旗本岩瀬忠正の養子になりました。嘉永2年(1849)老中安部正弘から目付に抜擢されました。鴎所は昌平坂学問所で漢学を学ぶにとどまらず蘭学も学び、当時、外国に事情認識においては鴎所が一番といわれました。幕府の鎖国政策を非難したほか、砲台を築き軍艦を造り、講武所と蕃所調所を設け海軍伝習を始めるのにも参画しました。後に将軍徳川家の継嗣選定の問題で、新任の大老井伊直弼と対立したため、安政6年8月に官位を奪われ、蟄居を命ぜられました。
その後向島に隠居し、もっぱら読書文芸にふける悠々自適の生活を送りましたが、文久元年(1861)7月16日、44歳で没しました(平成16年3月 墨田区教育委員会)

白髭神社の周辺図


大きな地図で見る


葬儀社紹介・葬儀相談

墨田区の葬儀

葬儀社紹介・葬儀相談

葬儀支援ネット