猫の足あとによる杉並区の寺院、神社など杉並区の寺社案内 猫の足あとによる杉並区の寺院、神社など杉並区の寺社案内
猫の足あと

善照寺|杉並区永福にある浄土真宗本願寺派寺院

善照寺の概要

浄土真宗本願寺派寺院の善照寺は、本光山歓喜院と号し、もと築地本願寺の寺中寺です。善照寺は、相州小田原に開創されましたが、天正18年(1590)7月、豊臣秀吉の小田原城攻略の際に罹災し、江戸に移転、幾たびかの移転を経て築地本願寺の子院となり、昭和3年当地へ移転しました。

善照寺
善照寺の概要
山号 本光山
院号 歓喜院
寺号 善照寺
住所 杉並区永福1-6-8
本尊 阿弥陀如来立像
宗派 浄土真宗本願寺派
葬儀・墓地 -
備考 -



善照寺の縁起

善照寺は、相州小田原に開創されましたが、天正18年(1590)7月、豊臣秀吉の小田原城攻略の際に罹災し、江戸に移転、幾たびかの移転を経て築地本願寺の子院となり、昭和3年当地へ移転しました。

杉並区教育委員会掲示による善照寺の縁起

当寺は本光山と号する浄土真宗本願寺派の寺院で、本尊は江戸期の作といわれる阿弥陀如来立像です。
「府内誌残編」によると、相州小田原に開創されましたが、天正18年(1590)7月、豊臣秀吉の小田原城攻略の際に罹災し、堂宇を焼失しました。
その後、江戸に移り再興されましたが、その場所は詳かではありません。
慶長年間(1596-1614)より、木挽町(現中央区銀座東)、神田金沢町(現千代田区外神田)、下谷七軒町(現台東区元浅草1丁目)、新堀橋(現港区南麻布2・3丁目)等へ移転し、現在の築地本願寺の前身である浜町御坊の子院となりました。しかし、ここでもまたいわゆる「振り袖火事」(明暦3年=1657)にあい、浜町御坊とともに焼失しました。
万治年中(1658-1660)、八丁堀先の海辺を埋め立てた代地(現中央区築地3丁目)に浜町御坊が移転するのに伴って、当寺もその寺中に移りました。
大正12年9月、関東大震災で築地本願寺やその子院とともに全焼し、昭和3年8月9日、区画整理のため現在地へ移転してきましたが、昭和20年5月25日夜、焼夷弾の集中投下により、またしても堂宇ことごとく烏有に帰しました。
その後、昭和45年2月本堂を落慶し、ここに伽藍を再興しました。(杉並区教育委員会掲示より)


善照寺の周辺図


大きな地図で見る