猫の足あとによる杉並区の寺院、神社など杉並区の寺社案内 猫の足あとによる杉並区の寺院、神社など杉並区の寺社案内
猫の足あと

託法寺|杉並区永福にある真宗大谷派寺院

託法寺の概要

真宗大谷派寺院の託法寺は、光栄山と号します。託法寺は、寛永11年(1634)江戸四ッ谷永住町(現新宿区四ッ谷4丁目)に、四谷善慶寺の寺中寺として、僧浄円(俗称本多氏)が創建したといいます。大正11年、環状4号線造成のため当地へ移転しています。

託法寺
託法寺の概要
山号 光栄山
院号 -
寺号 託法寺
住所 杉並区永福1-6-6
本尊 阿弥陀如来立像
宗派 真宗大谷派
葬儀・墓地 -
備考 -



託法寺の縁起

託法寺は、寛永11年(1634)江戸四ッ谷永住町(現新宿区四ッ谷4丁目)に、四谷善慶寺の寺中寺として、僧浄円(俗称本多氏)が創建したといいます。大正11年、環状4号線造成のため当地へ移転しています。

杉並区教育委員会掲示による託法寺の縁起

当寺は、光栄山と号する真宗大谷派の寺院です。本尊は、阿弥陀如来立像で像高90cm、寄木作り、彫眼で江戸末期の作と言われます。
寺伝によれば、開山は浄円で寛永11年(1634)江戸四ッ谷永住町(現新宿区四ッ谷4丁目)に開創しました。浄円は俗姓を本多と称したと伝えられています。開山当時のようすは詳らかではありませんが、江戸期の「御府内遠隔図書」の四ッ谷大木戸附近の部を見ますと、東長寺(現存)の説明に嘉永元年(1848)境内の西方を託法寺に貸した旨の記載があります。また文久2年(1862)の江戸切絵図には、東長寺境内の一部が当寺借地分として区画されています。
明治13年の「寺院明細帳」には罹災の為か本堂の記載がなく仮庫裡33坪となっています。また神田の町人幸助という人が寄附した6坪の門があり、檀家は31戸でした。
その後、都市計画事業により移転を命ぜられ、大正11年、現在の地に栖岸院所有地千余坪を得て移転しました。これは区内浄土真宗移転寺中最も早い移転と言えます。
しかし昭和20年5月25日に空襲を受け全焼してしまいました。同28年8月、漸く復興をし今日にいたっています。(杉並区教育委員会掲示より)

杉並区教育委員会掲示による託法寺の縁起

善慶寺寺中託法寺
寛永十一年四谷内藤新宿に起立、開山釋浄圓、正保二年十月十六日入寂。開基俗名井野直次郎。(杉並区教育委員会掲示より)


託法寺の周辺図


大きな地図で見る


葬儀社紹介・葬儀相談

杉並区の葬儀

決算申告駆け込みセンター
いろは葬祭

杉並区の葬儀社

エバーグレイス

本日休館