猫の足あとによる杉並区の寺院、神社など杉並区の寺社案内 猫の足あとによる杉並区の寺院、神社など杉並区の寺社案内
猫の足あと

真教寺|杉並区永福にある浄土真宗本願寺派寺院

真教寺の概要

浄土真宗本願寺派寺院の真教寺は、三宝山と号し、もと築地本願寺の寺中寺です。真教寺は、黒田甲斐守の嫡子、真了法師が江戸麻布村(現港区元麻布)に文禄3年(1594)創建、その後日本橋浜町に建立された本願寺寺内へ移転、明暦の大火により、本願寺と共に築地へ移転したといいます。関東大震災後の区画整理により当地へ移転しました。

真教寺
真教寺の概要
山号 三宝山
院号 -
寺号 真教寺
住所 杉並区永福1-7-79
本尊 阿弥陀如来立像
宗派 浄土真宗本願寺派
葬儀・墓地 -
備考 -



真教寺の縁起

真教寺は、黒田甲斐守の嫡子、真了法師が江戸麻布村(現港区元麻布)に文禄3年(1594)創建、その後日本橋浜町に建立された本願寺寺内へ移転、明暦の大火により、本願寺と共に築地へ移転したといいます。関東大震災後の区画整理により当地へ移転しました。

杉並区教育委員会掲示による真教寺の縁起

当寺は、三宝山と号する浄土真宗本願寺派の寺院です。寺伝によれば、開基は黒田甲斐守の嫡子で、出家して真了法師と名乗り、江戸麻布村(現港区元麻布)に文禄3年(1594)に創建しました。寛永5年(1628)頃も麻布にあり、その後、浜町の本願寺の寺内に移りましたが、いわゆる明暦の大火で焼失、万治年中(1658-1660)に本願寺と共に築地へ移転しました。
明治13年の文書によれば、本願寺内末寺の一寺で境内80坪余檀家36戸の寺容でした。
ところが、大正12年9月1日の関東大震災で全焼、仮本堂を建てて引き続き築地に寺をかまえていましたが、区画整理事業のため昭和3年現在地に移転しました。同年本堂や庫裡の落成を見ましたが、又もや、昭和20年5月25日の空襲により焼失してしまいました。現在の本堂は、昭和35年に建立されたものです。
本尊の阿弥陀如来立像は、寛永7年(1630)に西本願寺より開山真了に下附されたもので江戸時代初期の作です。木造・玉眼・上品下生の来迎印を結んでいます。光背と台座は後補です。
また当寺には、宗祖親鸞聖人が80歳の時の自作と伝えられる親鸞坐像、九条摂関家司田村采女正の作といわれる親鸞聖人室玉日姫君坐像、関白九条道家が作らせたと称する玉日姫父九条兼実坐像の三体が安置されています。当初は京都嵯峨の寺にありましたが、昭和10年頃那須家より当寺に奉納されました。(杉並区教育委員会掲示より)


真教寺の周辺図


大きな地図で見る


葬儀社紹介・葬儀相談

杉並区の葬儀

決算申告駆け込みセンター
いろは葬祭

杉並区の葬儀社

エバーグレイス

本日休館