猫の足あとによる杉並区の寺院、神社など杉並区の寺社案内 猫の足あとによる杉並区の寺院、神社など杉並区の寺社案内
猫の足あと

理性寺|杉並区永福にある法華宗陣門流寺院

理性寺の概要

法華宗陣門流の理性寺は、法真山と号します。理性寺は、承応3年(1654)、大久保越中守忠辰、忠陰兄弟が両親の忠当夫妻を開基として、その菩提のため内藤新宿に創建、大正3年に当地へ移転しました。

理性寺
理性寺の概要
山号 法真山
院号 -
寺号 理性寺
住所 杉並区永福3-56-29
本尊 十界諸尊の曼荼羅
宗派 法華宗陣門流
葬儀・墓地 -
備考 火伏せの大黒天



理性寺の縁起

理性寺は、承応3年(1654)、大久保越中守忠辰、忠陰兄弟が両親の忠当夫妻を開基として、その菩提のために内藤新宿に創建、大正3年に当地へ移転しました。

杉並区教育委員会掲示による理性寺の縁起

当寺は、法華宗法真山理性寺といい、本尊は十界諸尊の曼荼羅です。
「御府内備考続編」によれば、当寺は承応3年(1654)、大久保越中守忠辰、忠陰兄弟が両親の忠当夫妻を開基として、その菩提のために創立したものです。
寺名は、夫妻の法名、法真院殿・理性院殿に因んで法真山理性寺としました。
創立にあたっては、内藤新宿四谷大木戸(現新宿区新宿1丁目付近)に、大久保家下屋敷の名義をもって草創し、後に老中久世大和守広之の許可により、境内地として使用することになったと伝えられています。
現在地に移転したのは大正3年です。
境内の左手には大黒殿があり、中には「火伏せの大黒天」と呼ばれる高さ役12cmの木彫りの小さな大黒天が安置されています。
この大黒天は、高祖日蓮の作と伝えられ、お経の「経」の字を形取っており、寛政6年(1794)御殿医木村検校によって奉納されたものといわれています。
「火伏せ」の由来については、当寺が新宿に在ったころ、近隣火災の折、大黒天が大団扇をもって現れ、類焼から守ったことによると言われております。
以後、火伏せの守り神として今も、甲子の日に「大黒天甲子祭」が行われています。
墓地には、戯作者伊庭可笑・幕府医官林恒斎・初代杵屋三五郎の墓等があります。(杉並区教育委員会掲示より)


理性寺の周辺図


大きな地図で見る


葬儀社紹介・葬儀相談

杉並区の葬儀

決算申告駆け込みセンター
いろは葬祭

杉並区の葬儀社

エバーグレイス

本日休館