猫の足あとによる杉並区の寺院、神社など杉並区の寺社案内 猫の足あとによる杉並区の寺院、神社など杉並区の寺社案内
猫の足あと

大宮八幡宮|杉並区大宮の神社

大宮八幡宮の概要

大宮八幡宮は、杉並区大宮にある八幡宮です。大宮八幡宮は、康平6(1063)年、源頼義凱旋の際、記念の地として、岩清水八幡宮を勧請し創建されたといわれます。当地からは方形周溝墓や、延文2(1357)年・貞治2(1363)年などの板碑が発見されている他、熊野那智神社に保存されている「武蔵国願文」も貞治元年(1362)のものであることから、創建年代の信憑性を裏付けます。江戸時代には、別当寺であった大宮寺(明治期に廃寺)と併せて30石(15石ずつ配分)を拝領しています。明治5年に郷社、明治18年に府社に昇格、また戦後には別表神社に定められています。

大宮八幡宮
大宮八幡宮の概要
社号 大宮八幡宮
祭神 応神天王、仲哀天王、神功皇后
相殿 -
境内社 三崎神社・天満宮・東照宮・山神社、白山神社・稲荷神社・若宮八幡神社
祭日 例祭日9月15日
住所 杉並区大宮2-3-1
備考 旧府社、結婚式場清涼殿・大宮幼稚園併設



大宮八幡宮の由緒

大宮八幡宮は、康平6(1063)年、源頼義凱旋の際、記念の地として、岩清水八幡宮を勧請し創建されたといわれます。当地からは方形周溝墓や、延文2(1357)年・貞治2(1363)年などの板碑が発見されている他、熊野那智神社に保存されている「武蔵国願文」も貞治元年(1362)のものであることから、創建年代の信憑性を裏付けます。江戸時代には、別当寺であった大宮寺(明治期に廃寺)と併せて30石(15石ずつ配分)を拝領しています。明治5年に郷社、明治18年に府社に昇格、また戦後には別表神社に定められています。

「杉並の神社」による大宮八幡宮の由緒

大宮八幡宮については「新編武蔵風土記稿」多摩郡和田村の条に八幡社とあって「除地、六万坪、小名大宮にあり、社領御朱印三十石、天正19(1591)年附せらるる、別当大宮寺神職中野右近社領の内十五石づつ配当せり、各当社の惣門より二町程を隔てをれり、縁起に云、当社は人王七十代後冷泉院の御宇天喜年中(1053-57)奥州の夷賊蜂起せし時、鎮守府将軍源頼義勅を蒙り、奥州に向ひ給はんとて当所を過ぎ給ふ時、空中に奇雲たなびき、さながら白幡の如くなりければ、将軍奇異の思をなし、是宇佐八幡の影向せるならんとて、則当社を勧請し給う(中略)、しかるに天文年中(1532-54)長尾景虎の乱によりて、兵火の為めに社檀ことごとく焼失し、什物等すべて烏有となり、一物をものこさず、天正年中にいたり東照宮より神領を附せらると見えたり(中略)、祭礼は9月19日」とある。文中の縁起は天正19(1591)年12月に別当某が記述したものであるという。
当宮は旧和田村の鎮守であると同時に、明治5年11月に郷社、昭和41年7月には別表神社となった。祭神は応神天皇・仲哀天皇・神功皇后である。なお古殿内には石体が奉安されている。石体と関連して旧境内地の一地区(善福寺川沿いの台地)から二十三区内ではじめての方形周溝墓3基が発見され(昭和44年)話題になった。とくに第一号墓からは軟玉製の勾玉1個と、ガラス製の小玉12個が出土した。井草八幡宮のばあいも周辺から重要文化財に指定されている縄文時代の顔面把手付釣手形土器が発見されており、かような立地に大社が設けられているのは歴史上当然なことであろう。おそらく、当宮の地域も太古から景勝の地であったのであろう。
当宮の創建は康平6(1063)年、源頼義凱旋の際、記念の地として、岩清水八幡宮を勧請したと伝えている。現存する史料で、当宮の存在を知らしめるものは、貞治元(1362)年12月に中野郷大宮住僧が紀伊国熊野那智神社に提出した「武蔵国願文」がもっとも古く、すでにこの頃、別当大宮寺の存在が知られ、かつ当地の存在をも類推できる。かって境内から延文2(1357)年・貞治2(1363)年などの板碑が出土したことがさらにこれを裏付ける。「新編武蔵風土記稿」には和田村の検地の年代について「先年名主の家火災にかかりて古き記録をも失ひたれば詳ならず」と記しているが、現に天正19年9月の「武州多東郡大宮内和田村縄打水帳」の写本が残存しており、この時点で徳川家康は左の社領三十石を寄進したのであろう。
寄進 大宮八幡宮
武蔵国多東郡中野郷大宮之内三拾石之事右令寄附事、
天正19年辛卯11月
また、寛永10(1633)年5月の「関東真言宗新義本末寺帳」をみると、
中野宝仙寺 寺領15石
末寺 世田谷勝国寺 寺領12石
中野大宮前大宮寺是ハ門徒寺領30石
とあり、別当大宮寺と合せて寺領30石を拝領していたことがわかる。(杉並の神社より抜粋)

別当寺であった大宮寺について

大宮寺は、中野宝仙寺が阿佐ヶ谷から中野へ移転した際に、永享元年(1429)八幡宮近くの杉並区大宮1-15辺に開創しました。明治維新の神仏分離により廃寺となっています。

降幡山妙雲院大宮寺
所在:杉並区大宮1-15辺
開創:永享元年(1429)
開山:聖氷(本寺宝仙寺中興、永享3年2月24日寂)
本寺:宝仙寺(中野区)
本尊:不動明王立像
朱印地:15石
備考:大宮八幡宮の別当寺。元来、八幡宮の別当寺は宝仙寺であったが、永享元年宝仙寺が阿佐ヶ谷より中野に移った際、時の住持聖氷が開山となり、八幡宮社近くに開創したのが当寺である。天文末年(1552-55)上杉謙信の兵火に焼かれたが、江戸期を通じて大宮八幡宮別当寺として栄え、明治維新の神仏分離で廃された。(「杉並の寺院」より)


大宮八幡宮の周辺図


大きな地図で見る
決算申告駆け込みセンター 本日休館