猫の足あとによる新宿区の寺院、神社など新宿区の寺社案内 猫の足あとによる新宿区の寺院、神社など新宿区の寺社案内
猫の足あとによる東京都寺社案内

金丸稲荷神社|新宿区荒木町の神社

金丸稲荷神社の概要

金丸稲荷神社は、新宿区荒木町にある稲荷神社です。金丸稲荷神社は、美濃国高須藩主松平摂津守上屋敷の守護神として天和3年(1683)創建したといいます。

金丸稲荷神社
金丸稲荷神社の概要
社号 稲荷神社
祭神 宇迦能御魂大神
相殿 -
境内社 -
住所 新宿区荒木町10
祭日 -
備考 -



金丸稲荷神社の由緒

金丸稲荷神社は、美濃国高須藩主松平摂津守上屋敷の守護神として天和3年(1683)創建したといいます。

境内掲示による金丸稲荷神社の由緒

金丸稲荷神社由来
この金丸稲荷神社は御祭神に宇迦能御魂大神を奉斎しこの町の守護神として尊崇され今日に至る。
天和三年西暦一六八三年美濃国高須藩主松平攝津守この地一帯を拝領上屋敷とされし折り藩主の守護神として金丸稲荷社を建立奉斎せられしよりと云う。この地を俗稱津の守と云うは松平攝津守の上屋敷跡なるに起因する。
明治五年七月の政令によりこの荒木町が誕生し町の発展は勿論津の守三業地も次第に繁栄し気品高き芸妓と三業の名と共に金丸稲荷大神は荒木町町民の暮らしの中に鎮座せられ爾来百有余年を経るに至る。
大神は和合繁栄財宝出世安全又火伏せの神として崇められ古くは度重なる江戸の大火にも尚大正十二年の関東大震災にもその災禍を免がれたりと伝えらる。
昭和二十年五月二十四日の東京大空襲に際しては惜しくも全町が焦土と化し去ったが町民には一人の死者もなかった事はこれ偏えに大神の霊験あらたかなる由と推察される。
昭和二十七年十一月に現在位置の隣接場所に遷座奉斎し来たるも昭和五十年四月吉日敷地整理のため神社は町内有志及び三業組合又崇敬者の寄進によって再び遷座再興されたものである。(境内掲示より)


金丸稲荷神社の周辺図