猫の足あとによる渋谷区の寺院、神社など渋谷区の寺社案内 猫の足あとによる渋谷区の寺院、神社など渋谷区の寺社案内
猫の足あと

源秀山室泉寺|渋谷区東にある高野山真言宗寺院

室泉寺の概要

高野山真言宗寺院の室泉寺は、源秀山永松院と号します。室泉寺の創建年代は不詳ですが、当初浄土真宗西本願寺派の寺院として芝金杉にあったものを、松平外記忠益が抱屋敷を和泉神鳳寺中興快圓比丘に寄附した際に、寺蹟を譲り受け、真言宗に改め寶泉寺と号して和泉神鳳寺中興快圓比丘の宿寺としたといいます。御府内八十八ヶ所霊場7番札所です。

室泉寺
室泉寺の概要
山号 源秀山
院号 永松院
寺号 室泉寺
住所 渋谷区東3-8-16
本尊 阿弥陀如来
宗派 高野山真言宗
葬儀・墓地 -
備考 御府内八十八ヶ所霊場7番札所



室泉寺の縁起

室泉寺の創建年代は不詳ですが、当初浄土真宗西本願寺派の寺院として芝金杉にあったものを、松平外記忠益が抱屋敷を和泉神鳳寺中興快圓比丘に寄附した際に、寺蹟を譲り受け、真言宗に改め寶泉寺と号して和泉神鳳寺中興快圓比丘の宿寺としたといいます。

(下豊澤村)寶泉寺
真言律宗、和泉國一の宮大島山神鳳寺宿寺にて、江戸湯島霊雲寺末なり源秀山永松院と號す、當寺昔は芝金杉にあり、浄土真宗西本願寺末にて、同所寿林寺より兼帯せしを、元禄十三年九月旗下の士松平外記忠益當所の抱屋敷を神鳳寺中興快圓比丘に寄附し、彼寺名を爰に引移し、改宗して宿寺となせり、故に忠益を開基とす、元禄十五年七月二十五日卒開山快圓は正徳二年二月八日寂、本尊は弥陀、脇士に観音地蔵を安す。
護摩堂。不動立像長二尺七寸、愛染坐像長二尺五寸なるを安す、共に南都招提寺開山鑑真和尚の弟子支卓律師の作と云。
鎮守社。金毘羅、大鳥明神、住吉。
辨天堂。(新編武蔵風土記稿より)


室泉寺の周辺図