猫の足あとによる世田谷区の寺院、神社など世田谷区の寺社案内 猫の足あとによる世田谷区の寺院、神社など世田谷区の寺社案内
猫の足あと

伝乗寺|世田谷区尾山台にある浄土宗寺院

伝乗寺の概要

浄土宗寺院の伝乗寺は、松高山法生院と号します。伝乗寺は、住誉良公和尚が開山となり創建したといいます。

伝乗寺
伝乗寺の概要
山号 松高山
院号 法生院
寺号 伝乗寺
本尊 阿弥陀如来像
宗派 浄土宗
住所 世田谷区尾山台2-10-3
葬儀・墓地 -
備考 -



伝乗寺の縁起

伝乗寺は、住誉良公和尚が開山となり創建したといいます。

新編武蔵風土記稿による伝乗寺の縁起

傳乗寺
除地3段5畝、字根通りにあり。松高山法生院と号す。浄土宗にて橘樹郡上小田中村泉澤寺の末なり。開山は往誉良公和尚と云其年暦を詳にせず。寂年等も傳へず。本堂は6間に4間南向なり。本尊阿弥陀佛を安ず。木の立像にて長3尺許り。
表門。両柱の間9尺。
古碑一基。応安7年3月25日としるす。誰人の碑なることを傳へず。(新編武蔵風土記稿より)

せたがや社寺と史跡による伝乗寺の縁起

次太夫堀(六郷用水)のほとり、北側にある。松高山法生院と号し、浄土宗で、川崎市小田中の泉澤寺の末、開山は住誉良公和尚という。本尊は阿弥陀如来で木の坐像3尺(約1m)ばかりで、板碑を数多く存している。『新編武蔵風土記稿』によれば、「除地三段五畝、字根通ニアリ、(中略)本堂ハ六間二四間、南向ナリ。(中略)表門両柱ノ間9尺」と記している。
寛政10年(1798)の西村和泉守作になる村念仏話中の伏鉦がある。
享和2年(1802)に「さいの神」の火が移って焼失したことがあった。本堂は文化4年(1807)3月に、庫裡は享和2年(1802)2月に建てられている。
本寺の地蔵菩薩立像は頭部のみ古作で、一木で保存もよく、美しい。藤原期のもので胴体は後補である。小阿弥陀如来座像は鎌倉期のものである。(せたがや社寺と史跡より)


伝乗寺の周辺図


大きな地図で見る

会社設立・起業サポートセンター