猫の足あとによる世田谷区の寺院、神社など世田谷区の寺社案内 猫の足あとによる世田谷区の寺院、神社など世田谷区の寺社案内
猫の足あと

延重寺|世田谷区松原にある浄土真宗本願寺派寺院

延重寺の概要

浄土真宗本願寺派寺院の延重寺は、誓順法師が寛永二十一甲申年(1644)に江戸浅草の浜町御坊中に創建しました。築地本願寺と共に築地に移転、関東大震災に罹災後、昭和4年当地へ移転しました。

延重寺
延重寺の概要
山号 -
院号 -
寺号 延重寺
住所 世田谷区松原5-43-5
本尊 阿弥陀如来
宗派 浄土真宗本願寺派
葬儀・墓地 -
備考 -



延重寺の縁起

延重寺は、誓順法師が寛永二十一甲申年(1644)に江戸浅草の浜町御坊中に創建しました。築地本願寺と共に築地に移転、関東大震災に罹災後、昭和4年当地へ移転しました。

せたがや社寺と史跡による延重寺の縁起

延重寺
本尊は阿弥陀如来、台座共総丈約76cm、木彫の立像で、江戸時代末期の作といわれ、この像を中心に安置して、右に親鸞聖人、左に本顧寺前住本如上人の描いた、お代々様と称する開山の画像を祀っており、浄土真宗西本願寺派である。開山誓順法師は天正20壬辰年(1592)生れ、「寛永二十一甲申年(1644)に江戸浅草の浜町御坊中に一字を建立し、延重寺と号し以て当山の基を開く、是即ち福並家の祖にして」云々と寺伝にあり、やはりここでも世襲である事を示し、真宗の特教をものがたっている。この寺は元浜町より築地本醇寺55か寺群の一つとして移転し、おる事約300年で関東大震火災に会い、堂宇崩壊炎上し、からくも本尊を他に疎開しただ
けで、旧記寺宝等を烏有に帰してしまったので、今では寺伝由来等精細な事は分らない。震災後の昭和4年築地より移転し、同6年に現本堂を新築しており、このあたり真宗5か寺群の一に数えられている。(せたがや社寺と史跡より)


延重寺の周辺図


大きな地図で見る

会社設立・起業サポートセンター