猫の足あとによる寄居町の寺院、神社、観光名所など寄居町の寺社案内 猫の足あとによる寄居町の寺院、神社、観光名所など寄居町の寺社案内
猫の足あと

用土諏訪神社。寄居町用土の神社

用土諏訪神社の概要

用土諏訪神社は、寄居町用土にある神社です。用土諏訪神社は応和年間(961-964)に創建、慶長年間(1596-1615)に当地へ移転したといいます。

用土諏訪神社
用土諏訪神社の概要
社号 用土諏訪神社
祭神 -
相殿 -
境内社 稲荷神社二社、手長神社
祭日 -
住所 寄居町用土1695
備考 -



用土諏訪神社の由緒

用土諏訪神社は応和年間(961-964)に創建、慶長年間(1596-1615)に当地へ移転したといいます。

境内石碑による用土諏訪神社の由緒

当神社は応和年間武州用土諏訪山に建御名方神を祀る社として創建された。以来地域の守護神として広く崇敬を集めてきたが、慶長の頃神社を護持する氏子崇敬者により現在地に遷座された。この間幾多の社会変動等困難な時局の中にあっても敬神崇祖の年に変わることなく、祭りの厳修をはじめ獅子舞その他数々の神賑行事を斎行してきた。元文五年に神殿を、明治二十九年に拝殿をそれぞれ改築した。その後長い歳月を経て社殿の破損が甚だしく、改築の機運が高まり、皇紀二千六百六十一年の吉き年をも記念して、氏子崇敬者の多数の寄進により改築を実施、平成十三年九月十六日めでたく完成、竣工遷座祭が厳かに斎行された。
ここに諏訪神社改築記念碑を建立し概要を記して後世に伝う。(新編武蔵風土記稿より)


用土諏訪神社所蔵の文化財

  • 獅子舞(寄居町指定文化財)

獅子舞

この行事は、江戸時代から始まったとする説があり、雨乞いや悪病流行の際に行われたほか、恒例としては、10月の第三日曜日とその前日に行われている。
獅子舞の役所は、「アバレ」「オジイ」の二頭の男獅子と一頭の女獅子、「ササラ」二人、「笛方」「ほら貝吹き」各一人に、さらに観衆の中からおどけた面をかぶった「道化」が飛び入りで加わる。
舞は「道中」「三拍子」「笹掛り」「花掛り」「まりあそび「橋わたり」「女獅子がくし」の七庭である。
美しい笛、太鼓の音につれて勇壮な獅子舞とおどけた道化とが入り乱れて舞うさまは、いかにも村の祭りらしい情景である。(寄居町教育委員会掲示より)


用土諏訪神社の周辺図


大きな地図で見る