猫の足あとによる坂戸市・鶴ヶ島市の寺院、神社、観光名所など坂戸市・鶴ヶ島市の寺社案内 猫の足あとによる坂戸市・鶴ヶ島市の寺院、神社、観光名所など坂戸市・鶴ヶ島市の寺社案内
猫の足あと

中新田神明社。鶴ヶ島市中新田の神社

中新田神明社の概要

中新田神明社は、鶴ヶ島市中新田にある神社です。中新田神明社は、浅羽城主末裔で中新田村を開発した高篠庄兵衛が村の鎮守として慶安2年(1649)に勧請したといい、明治維新後村社に指定され、明治40年字東山の稲荷社、字大山の山の神、字愛宕の愛宕社を合祀したといいます。

中新田神明社
中新田神明社の概要
社号 神明社
祭神 天照大御神
相殿 -
境内社 稲荷社
祭日 -
住所 鶴ヶ島市中新田180
備考 -



中新田神明社の由緒

中新田神明社は、浅羽城主末裔で中新田村を開発した高篠庄兵衛が村の鎮守として慶安2年(1649)に勧請したといい、明治維新後村社に指定され、明治40年字東山の稲荷社、字大山の山の神、字愛宕の愛宕社を合祀したといいます。

新編武蔵風土記稿による中新田神明社の由緒

(中新田村)
神明社
村の鎮守村持。
稲荷社、天王社。
-
稲荷社
-
愛宕社(新編武蔵風土記稿より)

「鶴ヶ島町史」による中新田神明社の由緒

創立年紀は不詳であるが、社伝によると、慶安ニ年(一六四九)に中新田村を開発した浅羽城主の末裔高篠庄兵衛によって勧請されたとある。この時、稲荷、愛宕、山之神の三社も勧請されたという。当社の東方二〇メートルの所に清林寺という寺があったが、明治期に廃寺になったと伝えられる。
明治四〇年に、字東山の稲荷社、字大山の山の神、字愛宕の愛宕社を合祀した。(「鶴ヶ島町史」より)


中新田神明社の周辺図

参考資料
  • 「新編武蔵風土記稿」
  • 「鶴ヶ島町史」