猫の足あとによるさいたま市の寺院、神社、観光名所などさいたま市の寺社案内 猫の足あとによるさいたま市の寺院、神社、観光名所などさいたま市の寺社案内
猫の足あとによる埼玉県寺社案内

林鐘寺。さいたま市桜区在家にある真言宗智山派寺院

林鐘寺の概要

真言宗智山派寺院の林鐘寺は、神光山と号します。林鐘寺の創建年代等は不詳ながら、文安3年(1446)に寂した徳心阿闍梨が開山したと伝えられ、新編武蔵風土記稿に「神新義眞言宗、植田谷本村林光寺の末、神光山と號す、本尊十一面観音を安ず、境内に徳心阿闍梨文安三年七月七日と彫たる碑あり、此を開山の碑なりといへば古き寺なり。」と記載され、在家天神社の別当寺だったといいます。北足立八十八ヵ所霊場39番です。

林鐘寺
林鐘寺の概要
山号 神光山
院号 -
寺号 林鐘寺
住所 さいたま市桜区在家71
宗派 真言宗智山派
葬儀・墓地 -
備考 -



林鐘寺の縁起

林鐘寺の創建年代等は不詳ながら、文安3年(1446)に寂した徳心阿闍梨が開山したと伝えられ、新編武蔵風土記稿に「神新義眞言宗、植田谷本村林光寺の末、神光山と號す、本尊十一面観音を安ず、境内に徳心阿闍梨文安三年七月七日と彫たる碑あり、此を開山の碑なりといへば古き寺なり。」と記載され、在家天神社の別当寺だったといいます。

新編武蔵風土記稿による林鐘寺の縁起

(在家村)林鐘寺
新義眞言宗、植田谷本村林光寺の末、神光山と號す、本尊十一面観音を安ず、境内に徳心阿闍梨文安三年七月七日と彫たる碑あり、此を開山の碑なりといへば古き寺なり。(新編武蔵風土記稿より)

林鐘寺の周辺図

参考資料
  • 「新編武蔵風土記稿」