猫の足あとによるさいたま市の寺院、神社、観光名所などさいたま市の寺社案内 猫の足あとによるさいたま市の寺院、神社、観光名所などさいたま市の寺社案内
猫の足あと

永泉寺。さいたま市西区三橋にある曹洞宗寺院

永泉寺の概要

曹洞宗寺院の永泉寺は、靈亀山と号します。永泉寺の創建年代等は不詳ながら、松月院長昌常久居士(慶長11年1606年寂)が開基となり創建、普門院10世忠安春恕(元禄元年1688年寂)が中興したといいます。

永泉寺
永泉寺の概要
山号 靈亀山
院号 -
寺号 永泉寺
住所 さいたま市西区三橋5-1244
宗派 曹洞宗
葬儀・墓地 -
備考 -



永泉寺の縁起

永泉寺の創建年代等は不詳ながら、松月院長昌常久居士(慶長11年1606年寂)が開基となり創建、普門院10世忠安春恕(元禄元年1688年寂)が中興したといいます。

新編武蔵風土記稿による永泉寺の縁起

(上下内野村)永泉寺
禅宗曹洞派、大成村普門院末、靈亀山と號す、開山は本寺第十世忠安春恕と云、元禄元年三月九日示寂、墓所に開基松月院長昌常久居士、慶長十一年十一月二十三日と彫る石碑あり、俗稱を知らず、これに依て見るときは、前の開山と云は中興なるべし。
天神社、稲荷社
阿彌陀堂。(新編武蔵風土記稿より)


永泉寺の周辺図

参考資料
  • 「新編武蔵風土記稿」