猫の足あとによるさいたま市の寺院、神社、観光名所などさいたま市の寺社案内 猫の足あとによるさいたま市の寺院、神社、観光名所などさいたま市の寺社案内
猫の足あと

圓蔵院。さいたま市見沼区中川にある真言宗智山派寺院

圓蔵院の概要

真言宗智山派寺院の圓蔵院は、慈眼山得正寺と号します。圓蔵院の創建年代等は不詳ながら、法印隆景僧都(応永12年1405年寂)が開山したといいます。北足立八十八ヵ所霊場5番、新秩父三十四ヶ所霊場23・24番です。

圓蔵院
圓蔵院の概要
山号 慈眼山
院号 圓蔵院
寺号 得正寺
住所 さいたま市見沼区中川540
宗派 真言宗智山派
葬儀・墓地 -
備考 -



圓蔵院の縁起

圓蔵院の創建年代等は不詳ながら、法印隆景僧都(応永12年1405年寂)が開山したといいます。

新編武蔵風土記稿による圓蔵院の縁起

(中川村)圓蔵院
新義真言宗、倉田村明星院末、慈眼山得正寺と號す、本尊は彌陀を安せり。
地蔵堂。(新編武蔵風土記稿より)

さいたま市掲示による圓蔵院の縁起

円蔵院は、南方に見沼の低地を望む台地の先端部に位置している。真言宗智山派の寺で、倉田(桶川市)明星院の末寺で、本尊に阿弥陀如来像を祀っている。開創の明確な年代は不明であるが、開山の法印隆景僧都は、応永十二年(一四〇五)五月二十二日に亡くなっている。
手入れの良く行き届いた境内には、高さ二十三メートル、幹回り四・七メートルの大イチョウがあり、見沼を隔てた浦和市からもその姿を見ることができる。また地蔵堂前にはシダレヒガンザクラがあり、三月下旬〜四月上旬に花笠をかざしたような花をつける。この他、室町時代の作とみられる絹本着色十二天画像や円空仏(観音像)があり、いずれも大宮市指定文化財になっている。また、室町時代の板石塔婆も残されている。(さいたま市掲示より)


圓蔵院所蔵の文化財

  • 円蔵院のシダレヒガンザクラ(さいたま市指定文化財)
  • 円蔵院の大イチョウ(さいたま市指定文化財)

圓蔵院の周辺図

参考資料
  • 「新編武蔵風土記稿」