猫の足あとによる川越市の寺院、神社、観光名所など川越市の寺社案内 猫の足あとによる川越市の寺院、神社、観光名所など川越市の寺社案内
猫の足あとによる埼玉県寺社案内

西雲寺。川越市新富町にある浄土宗寺院

西雲寺の概要

浄土宗寺院の西雲寺は、佛名山常行院と号します。西雲寺は、般舟三昧院西雲法師(正保2年1645年寂)が開山、天和年間(1681-1683)に川越城南側より当地へ移転したといいます。

西雲寺
西雲寺の概要
山号 佛名山
院号 常行院
寺号 西雲寺
住所 川越市新富町2-5-4
宗派 浄土宗
本尊 阿弥陀如来像
葬儀・墓地 -
備考 -



西雲寺の縁起

西雲寺は、般舟三昧院西雲法師(正保2年1645年寂)が開山、天和年間(1681-1683)に川越城南側より当地へ移転したといいます。

新編武蔵風土記稿による西雲寺の縁起

(脇田村)西雲寺
浄土宗、河越蓮馨寺末、佛名山常行院と號す、當寺は昔清水町にありしを、天和年中にこのところにうつされしといふ、三尊彌陀の坐像を本尊となせり。
鐘楼。寳暦十年鋳造の鐘をかけり。
稲荷社。渡唐天神の像を配祀す。(新編武蔵風土記稿より)


西雲寺の周辺図

参考資料



埼玉県の霊園

花園むさしの浄苑