猫の足あとによる川越市の寺院、神社、観光名所など川越市の寺社案内 猫の足あとによる川越市の寺院、神社、観光名所など川越市の寺社案内
猫の足あと

六塚稲荷神社。川越市元町の神社

六塚稲荷神社の概要

六塚稲荷神社は、川越市元町にある稲荷神社です。六塚稲荷神社は、川越城主太田道真(太田道灌の父)が当地を開拓する際に切り崩した六つの塚に稲荷社を祀ったといい、六つの塚の稲荷社だから六塚稲荷と称したとも、六つの稲荷社を当社へ合祀したから六塚稲荷と称したともいいます。

六塚稲荷神社
六塚稲荷神社の概要
社号 六塚稲荷神社
祭神 豊受姫命(荼枳尼天像)
相殿 -
境内社 琴平神社・三峰神社・八幡神社
祭日 -
住所 川越市元町2-8-12
備考 -



六塚稲荷神社の由緒

六塚稲荷神社は、川越城主太田道真(太田道灌の父)が当地を開拓する際に切り崩した六つの塚に稲荷社を祀ったといい、六つの塚の稲荷社だから六塚稲荷と称したとも、六つの稲荷社を当社へ合祀したから六塚稲荷と称したともいいます。

新編武蔵風土記稿による六塚稲荷神社の由緒

(高澤町)稲荷社
六塚稲荷又六丘稲荷とも呼ぶ、相傳ふ昔太田道真この地に住せし時、荒野を開かんとして、古丘六つを穿崩して、そのあとへ稲荷六社をたてしが、其後五社をば廢してこの一社に合祀すと、又云さにはあらず、道真當所在城の頃、建立せし六所の稲荷と云は、今も猶存せり、それは同心町・本町・志義町・城内下川又左衛門が屋敷の内。うき島以上の五社と當社とをあはせて六社なり、ゆへに六塚の名ありといへり。(新編武蔵風土記稿より)

「埼玉の神社」による六塚稲荷神社の由緒

六塚稲荷神社<川越市元町二-八-一二(川越字高沢町)>
当社の鎮座する元町二丁目は、以前は高沢町と呼ばれ、川越で繁華であった本町と並んで「三芳野名勝図会』に「江都日本橋の如し」と著されて、札の辻を境に坂戸方面へ通ずる街道に面している。江戸時代は素麺の製造が盛んであった。また、以前は駄菓子製造の店が多く、今も飴屋横町の名で親しまれている。
この高沢町の西端、赤間川を背にして高沢の町を見守る様に当社は鎮座する。『風土記稿』に「六塚稲荷又六丘稲荷とも呼ぶ、相伝ふ昔太田道真この地に住せし時、荒野を開かんとして、古丘六つを穿崩して、そのあとへ稲荷六社をたてしが、其後五社をば廃してこの一社に合祀す」とある。
祭神は豊受姫命で、本殿内には荼枳尼天像を安置している。
境内末社の琴平神社・三峰神社・八幡神社の三社は、大蓮寺内にあったものが、明治初めの神仏分離により当社へ合祀されたと思われ、八幡社には「施主松平甲斐守内浅井権右衛門尉導師大蓮寺勝蓮社誉行山和尚寛文七丁未二月十五日奉建立」の棟札を蔵する。このほか境内入口脇にある四ツ塚稲荷神社は元、札の辻にあったが、大正初期の道路拡張により当社へ合祀された。
祀職は江戸期まで天台宗観音寺が別当を務め、神仏分離以降は宮下町氷川神社社家の山田家が代々務めている。(「埼玉の神社」より)


六塚稲荷神社の周辺図




埼玉県の霊園

花園むさしの浄苑